新生・伊藤アルディージャは442→4141布陣へと変更?

本日より伊藤彰監督が率いる新体制がスタートした大宮アルディージャ。本日の練習内容で新布陣が明らかになりました。

以下、抜粋して引用。

内容

 伊藤監督は、大宮のジュニアユース、ユース監督時代は「4-1-4-1」の攻撃的なサッカーで全国で優勝争いを繰り広げてきた。渋谷洋樹前監督(50)は「4-4-2」のフォーメーションを軸にしてきたが、この日の31日のルヴァン杯・ジュビロ磐田戦に向けての練習ではさっそく「4-1-4-1」の布陣で臨んだ。伊藤監督は「今の成績は得点が取れず、失点が多い。今のベースを元に、より攻撃的なサッカーをやりたい」と意欲を見せた。ユース監督時代はFW黒川、DF高山、MF山田らを指導してきた。「若手がもっと上を脅かすような存在になってほしい」とし、今後の選手起用に「すべてがフラット。現戦力の中でベストの11人を選ぶ」と競争を促した。

– 日刊スポーツ –

4141布陣は今季J1で採用するチームはゼロ、昨季新潟が吉田監督体制時に敷いていた布陣となります。

詳細はググっていただくとして、4141は「神出鬼没なワントップと全てを刈り取るアンカーが必要」な布陣です。この布陣を現有戦力に当てはめるとワントップにアーリアか茨田、アンカーに岩上って感じが妥当なところ。運動量豊富な沼田、奥井らが起用されそうです。

途中就任で最下位という最悪な状況でのバトンタッチ。ダメでもともとなので、変な縛りにとらわれず好きなように試して今後の土台を作っていただきたいですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
磐田戦が楽しみ!
         

14 件のコメント

  • バルサ志向らしいフォーメーション。江坂、瀬川, マテウス慎太郎、大前。が攻めの軸ですかね

  • 442はブラジルサッカーなので大宮のスピードと守備で崩れ落ちる。

  • いまの外国人の状態だと、補強しないと厳しいのは実証済み。
    すでに降格争いの最後尾。。。強化部長。。。
    夏のウィンドウでは、しっかりした選手を連れてきて欲しいものです。
    いまの3人は中途半端。毎試合出て活躍してもらわないとね。。。

  • 公式サイトより
     
    ――影響を受けた監督はいますか。
    伊藤 「グアルディオラ監督です。すごく影響を受けています。ユースで監督をしていたときも、自分で判断しながらチーム作りをしてきたつもりです。素晴らしい監督はたくさんいますが、彼に影響を受けた理由は、より攻撃的なサッカーが好きだからです。」

  • おっしゃるとおり、失うものはないくらいの気概で立ち向かってもらいたいですね。
    ただ、渋谷政権下ではどのような役割だったのかな?
    どのくらい発言力があったのかな?
    いつ頃から監督としての準備を始めていたのかな?
    ってことは気になりますね。

  • 4-1-4-1だとアンカーとワントップに適任者いないからなぁ。
    運動量豊富なパスサッカーなら4-3-3か3-5-2だな。
    大宮なら4-3-3がベストか。ユースで以前やってたフォメだし
    監督も指導し易い。

  • オランダ、バルサ、何でもいいけど。タレントはどうなんだ。