渋谷洋樹監督「警戒すべきはMF:山村和也選手」

warning

土曜日にセレッソ大阪戦を控えるアルディージャ。チームを率いる渋谷洋樹監督が要注意選手についてコメントしました。

内容

中でも警戒を強めるのは、前線にコンバートされて存在感を発揮している山村和也だ。「柿谷曜一朗、杉本健勇、清武弘嗣、山口蛍、ソウザの5選手は、黙っていてもそれなりにできると思っていましたけど、そこで山村選手があれだけできるというのは、攻守において非常に重要なポイントになっている」

– マイ・セレッソ –

鹿島時代はボランチだった山村選手。攻撃に専念できるよう一列上げたことで、一気に才能が開花しています。

日本代表経験者がゴロゴロいるタレント集団。対策もなく戦えば、負けは確実。はたして渋谷監督はどのような対策をとるのでしょうか。

warning
         

2 件のコメント

  • 前監督の大熊清との対決。大熊清の逆襲ですかね。
    今のソレッソは昔と違い強力です。高山、大屋はいらねー。この方々はマイマス要因。,5バックか6バック。大前は左サイドで使うのがベスト。こんな時ぬ横山がいればとつくづく思う。