第3節:磐田●泥沼3連敗、大宮アルディージャは何処へ行く…

開幕2連敗中のアルディージャ。正念場の3試合目、相手はジュビロ磐田であります。

観戦記

試合前

冬晴れの本日のNACK。

 

相手の横断幕に中村俊輔選手の弾幕発見。

 

 

卒業式シーズン、アルディージャサッカースクールの卒校式が開催。

 

今日はチアダンスだけ行って…。

 

本日の「Players Voice」はネイツ!

 

ウォーミングアップ

磐田のGKが練習に登場。不動の守護神:カミンスキー選手がスタメン。

 

大宮のGK登場。ついに順大が先発、サブは塩田。

 

大宮のフィールドプレーヤー登場!!

 

磐田のフィールドプレイヤー登場。

 

ネイツを呼んで「オイ!オイ!オイ〜!」

 

スタメン発表

両軍のアップも終わって、まずは磐田のスタメン紹介、前節から1人変更。

 

サブはこんな感じ。

 

コチラのスタメンは今朝の埼玉新聞の報道通り、前節から3人変更。

順大

 

マテウス

 

横谷

 

らが初のスタメン出場を果たした。

サブは塩田、山越、大輔、岩上、ムルジャ、アーリア、慎太郎。

 

選手入場!

 

順大頼むぞ!

 

前半

試合開始!

 

開始5分で失点!

 

その後はグダグダと攻めて枠内シュートなし。

むしろ順大がスーパーセーブを見せて0ー1でなんとか前半終了。

 

後半

後半開始!

 

2分で失点!

 

その後、相手のミスをついて1点返すも…

 

1−2で敗北となりました。

 

試合後

足取りも重い選手たち。

 

今の大宮に引いた相手を崩す力はまだない。それだけに前後半の早い失点は致命傷だった…。

それにしてもホント家長&泉澤選手らに頼りきりだったこと思い知らされますね。アタッキングサードのグダグダっぷり、往年の鈴木体制時によく見た「パスだけで満足サッカー」を見ているようでした。

これで文句なしに降格候補筆頭となった大宮。はたして次節・甲府戦はどんなサッカーを見せてくれるのでしょうか。

こんな時だからこそ、現地で見届けたいと私は思っています。

         

15 件のコメント

  • 今回の試合は酷いものでしたね…..
    フリーキックの失点を除いても、点の取れそうな攻撃はなくボールを回すだけ。
    気が付いた時には相手にパスを出している….
    川崎戦の前半は、まだ可能性が見えた気がしましたが気のせいだったようです。
    強化部長はどう思っているのでしょうね笑
    『ムルジャ、ネイツでは不満ですか?』とあの時言っていましたが、キャンプも参加出来ず能力も高くない選手と契約するのですから自信があるのでしょうねw

  • 2失点目がキャプテンのチョンボというのが痛かったですね。
    あれがなければ、引き分けにはできたわけですから。
    前線が二人も抜かれ、攻撃の形を作ることに時間がかかるのは予測してましたが、失点がここまで嵩むとは思いませんでした。

    今一度守備を構築してから攻撃面のてこ入れをしてほしいです。

  • 1-2で3連敗。。。
    悪いところは明らかにボランチと左サイドですね。
    ボランチは横谷が入ってからはボールの流れが落ち着いた感じがします。
    結局、昨年も横谷がボランチに定着してからチームが良くなっていますしね。
    監督はトライをしたけど、駄目ということが分かったのではないでしょうか。
    茨田と大山だと前向きにこじ開けるプレーが少なく、後ろ向きのボール回しが多くなってしまいます。どちらかを横谷と組ませるのが良いと思いますね。
    左サイドは昨年の泉澤と家長がいないので、前への推進力に乏しい大屋を固定するのではなく、色々と選手を入れ替えて試すのが良いと思います。今日は左サイドハーフは慎太郎が良かったですね。

  • 前線でボールが収まれば攻撃のピースが揃っているだけに全体で押し上げてチャンスも増えるんだろうけど、これだけ収まらないとどうしようもないですね。ネイツには点が取れないならせめてボールを収めてほしいですが、適任はアーリアでしょうか?ムルジャのコンディションが上がってきたのは好材料ですね。

  • 所沢さん、お気持ちはわかるけど、清水選手のゴールについて、もう少し詳しく書いて上げてください。横谷選手が相手のスローインをかっさらい、ファーに蹴ったところの、滞空時間の長い見事なゴールでした。去年リーグ戦で1ゴールもなかった清水選手が、先週の練習試合を含めて、一週間に6ゴールですよ。チームの勝敗も大事だけれど、むしろこんな時だからこそ、こういうところはぜひ所沢さんに取り上げてほしい。多くの読者がいるんですから。
    向うの2ゴールはPKと見紛うセットプレーとこちらのミスの産物、崩されてはいません。こちらは磐田の守備を破ったのです。勝てなきゃ意味がない?そうでしょうか。昨日のあの一点がもしなかったらと思うと、心底ゾッとするのは私だけ?

  • 3連敗しているチームはなく、これで単独の最下位です。
    ボランチと左サイドのリズムが悪いのと、ディフェンスの菊地も軽率なクリアミスが、川崎F戦と磐田戦と続いていて、試合勘がいま一つですね。
    昨年は苦しいときに家長がチームをプレーで引っ張って変えてくれましたが、昨日はボランチに入った横谷が、それに近いプレーを見せてくれたのが、今後に繋がるところでしょうか。
    しかし、横谷だけでなく、新しく入った大前、長谷川、茨田も、そんなプレーが必要です。
    大人し過ぎるので、もっと暴れてほしいものですね。

  • 今いる選手で何とかするしかない。甲府戦は必ず勝って欲しい。

  • 今年の現実的目標はJ1残留ということがはっきりしましたね。3連敗の最下位で目が覚めて、もう上位定着だとか、ACLだとか、浮かれたことを言う人もいなくなるでしょう。自分も含めて…。
    守備から入る現実的な戦いをしていけば、ある程度勝てるようになるのでは?これからですよ。さらに気を引き締めて頑張って行きましょう。

  • 横谷のクロスから慎太郎のヘディングシュート。素晴らしかった。3連敗中だからかまだ1点ビハインドだからか笑顔は見られませんでしたが、次節以降につながるプレーだったと思います。

  • ペチュニクはなんで使われてるのか、前線でフラフラたまに走ったと思ったらオフサイドのところでうろうろ。

  • 開幕2戦まではいい試合をしていたのに、たった一試合ダメダメだったら、もう降格候補筆頭だとか、サポが宣言してしまうなんて。他サポに言われるとか記事に書かれることがあっても、サポーターだけはそんなことを言っちゃいけないんじゃないですか?
    選手が知ったらどんなにガッカリすることか。サポはもう俺たちのことを諦めてる、支えてはくれないんだな、と感じるでしょう。
    チームが辛いときの根性のなさでは、大宮サポはJリーグNo.1だと思います。他のクラブはもう少し、サポとしての覚悟と気骨がありますよ。
    よくナクスタでの応援が他クラブと比較されるけど、声の大きさ云々より、問題はそこだと思います。

  • ポゼッション志向を理想の追求と勘違いしてるんでしょうね。
    ブロックの外側でボール回すだけが目的になっちゃってるから、相手は全然怖くない。
    チームリーダーが見当たらないので、連敗が長い気がする。
    アーリアはためも作れて縦パス出せる選手。さらにボールを持ち過ぎない。今の使い方ではもったいない気がするんだよな。

  • 補強を積極的にしようとは考えてないとかほざいてた強化部長は息してますか?

  • 敗因がいくつかある。

    ・開幕早々いきなり強豪3クラブ(川崎・FC東京・ジュビロ)。
    ・家長がいなくなり、新加入が多くチームが大規模な転換をしたことで実践の調整が取れていない。
    ・怪我や体調不良の選手がいる。