MF:瀬川祐輔「もっと危険なゾーンに入りパスを出さなくては」

開幕から2戦、未だ無得点と苦しむ大宮アルディージャ。ここまで2試合に先発出場しているMF:瀬川祐輔が打開策をコメントしました。

以下、抜粋して引用。

内容

「最後のアイディアや精度、もっと相手の危険なゾーンに走っていくこと、そこにボールを出していくことが必要なのかなと。人数が少なくてもボールの質や動き出しで、可能性が低くても使うことだったり、ちょっと強引さも必要なのかなと思う」そう語る瀬川にとって、動き出しや仕掛けの部分は「そこを消してしまったら何もなくなってしまう」と言うほどの武器。持ち味をさらに出していけば、自然とチームに足りていない部分を補填できるだろう。

– Blogola –

大前が以前言っていたことですな〜。

昨季であれば家長、泉澤といった個人で打開できる選手が居た分、周りはリスクを負わずにベターな選択肢でよかった。しかし今季のチームではボランチやSBが攻め上がるなどのリスクをかけないとゴールは生まれないでしょうね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
磐田戦は時に人数をかけた攻めが見られるかな?
         

5 件のコメント

  • 瀬川にはゴール前での精度を上げて欲しいです。
    早めに蹴ってしまうので、確かにもっと危険な位置まで攻め上がって欲しいですね。

  • 瀬川選手にとってもアルディージャにとってもまず最初のゴールを期待しています!