MF:江坂任「ゴールに向かう姿勢や守備でのまとまりを求めたい」

esaka

明日行われるプレシーズンマッチ・ザスパクサツ群馬戦。古巣との戦いを前にMF:江坂任が試合でのテーマをコメントしました。

以下、抜粋して引用。

内容

――群馬戦でトライすべき部分は?
「やっぱり、ゴールに向かう姿勢じゃないですか。パス、パスになってゴールから遠ざかったら意味がない。ゴールを取るためにやっているし、ゴールに向かう姿勢や守備でのまとまりが一番求められるんじゃないかなと思います」

――古巣戦で原点でもある貪欲さを出したい?
「しっかり成長した姿を見せたいし、感謝の気持ちをプレーで表したい。昨季もそうでしたけど、決めにいかないと決められないし、ボールを持っているだけじゃ決められない。そういう部分を自分が示して、チームに浸透させられればと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

記事を読むとパスが得意な茨田、アーリアなどが加わった影響なのか、チーム全体でゴールへの精度が落ちていると感じている模様。

パスワークも大事ですが、やはり最後はゴール!

かつてのチームメイトを相手に成長した姿を魅せてほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
瀬川とアベックゴールとかないかな〜。
esaka
         

1 個のコメント

  • 「昨季もそうでしたけど、決めにいかないと決められないし、ボールを持っているだけじゃ決められない。そういう部分を自分が示して、チームに浸透させられればと思います」
    キレイな崩しにこだわる?大宮の弊害。
    昨季から不満があったんですね。