元大宮MF:家長昭博「川崎に行けばもっともっと成長できると思った」

オフに川崎フロンターレへと移籍したMF:家長昭博選手。その移籍理由をハッキリとフットボールチャンネルのコラムで語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

 移籍を繰り返してきたなかで、ようやく絶対的な居場所を築きあげた。周囲の誰もがそう思っていたなかで、昨年6月に30歳を迎えていた家長は、公式戦で3度対戦したフロンターレに特別な思いを抱くようになった。「フロンターレの選手のパス回しやトラップ、ポジショニングというのは、試合で対戦していても細かくて正確で、ボールを奪おうと思ってもまったくできなかった。僕自身は30歳になって、身体能力といったものはもう伸びないと思うけど、パス回しやボールをもらう動きではもっともっと成長できる。30歳になって再び挑戦したいと思ったんです。フロンターレには昨シーズン、36歳でMVPを獲得した(中村)憲剛さんをはじめとして、見習うべき選手が大勢いるので」

– フットボールチャンネル –

そうかぁ〜、特別な思いを抱いちゃったかぁ〜。(´・ω・`)

選手が憧れたチームからオファーがあって、挑戦したいと思ったら止められませんわな…。

ただそのサッカーを作り上げたカリスマ・風間八宏監督は退任して居ないわけですが、それはなんとかなるものなんですかね?

管理人のひとこと

所沢栗鼠
川崎で3月以降にまた活躍してね!
         

11 件のコメント

  • 以前のフロンターレを考えると、風間監督の存在は大きいと思います。

    開幕戦では、大宮の強さを見せつけたいですね。

  • 奥さん思いだから、環境もあるかもなぁ
    田園調布、自由が丘、二子玉、目黒や渋谷も近い

  • 移籍した選手に動機を聞けば、誰でも「ここなら伸びられる、変われる」というような理由を挙げるものでは?今年大宮に来てくれた選手もいろいろ語っていますよね?
    もうこういうのを追わなくてもいいんじゃないですか?

  • そりゃ〜心ここに在らずのあんなやる気のないプレーでは、川崎じゃなくてもボール奪えないでしょうw
    まぁあとインスタ大好きな奥さんだからもう大宮では撮る物がなくなって、お洒落な場所に引っ越したかったんでしょうねw
    他のチームを羨む前に今まで何処のチームでもパッとしなかった自分を輝かせてくれた渋谷さんに感謝してほしいですけどね…

  • 熊谷で、大宮相手に退場者を出しながら一時は逆転した川崎。
    最後は大宮が劇的勝利をおさめましたが、家長は試合後、退場者がいなかったら負けていたってコメントしてましたね。
    一人少なくても川崎は、スタイルを崩さず点を撮りにきてました。確かに、見習うべきところが沢山ありましたね。
    でもだったら、大宮で川崎を超えてほしかったな。
    いずれにしても、主力選手にそんな想いを抱かせてしまった首脳陣は、ありがたい指摘と捉えて、他山の石としなくてはなりませんね。
    川崎線、こちらが恩返ししてやりましょう❗

  • 体調不良なんかじゃなかったんだなぁ。憧れのチームかぁ。それじゃあ手抜きプレーしてさっさと負けたがるわけだわなあ。憧れのチームに行けるの決まってるんだもんな。泉澤よりこいつのほうがよっぽど裏切り者じゃない?泉澤は少なくとも手抜きプレーはしてなかったように思うが。

  • 裏切り者っていうより大宮を小馬鹿にしてるんでしょうね。ただ3年間在籍しただけのチームなんでしょう。
    天皇杯準決勝のアップの時、やつは誰とも話さず泉澤のところに行ってサポの方見てニヤニヤしてましたからね。あ〜あ
    どうせ今日負けるのに、こんなにサポ入っちゃったよ〜的な感じに見えました(泣)
    泉澤は真剣にアップしてるように見えた。
    あくまで私の感じ方ですが…

  • 裏切り者だとは思わない。
    けどミスター大宮で通した方が良かったでしょ。
    初めてチームで定位置を確保出来たのに。また埋もれそう。

  • 1人の選手を破壊した奴は大宮から出ていったのか。
    酷いチームに酷い選手だったな。