FW:大前元紀「誰がどうやってパスを出すのかだんだん分かってきた」

keru

沖縄キャンプも終盤に差し掛かりつつあるアルディージャイレブン。新加入FW:大前元紀が OmiyaVision にキャンプを通して得たことをコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

――特に印象的だったことは?
「ディフェンスや中盤の選手の中で、前に当てようとする意識のある選手はやりながら分かってきた。監督も『前に当てたい』、『ボールを前に運びたい』と言っているし、前(FW)でやるときに誰がどうやってパスを出すのかはだんだん分かってきた部分になる」

(中略)

――ボールの受け手として意識していることは?
「前にボールは入ってくると思う。ただ前に当てるということはリスクも間違いなくあるわけで、そういうところで前の選手が失ってはいけない。基本的に僕の考えは、ある程度リスクを持たないと、良い攻撃はできないということ。だから受けるほうもそうだけど、出すほうもリスクを負って攻撃しないと、崩せないんじゃないかと思っている」

– OmiyaVision –

出し手が誰なのか、そんなボールが来るのかが分かったって感じですね。

スルーパスやワンタッチでの崩しなどの連携プレーはまだまだ時間がかかりそう。

FC東京戦は回避した大前。早く実戦形式ですりあわせてほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
大前とのホットラインは誰になるのかなー。
keru
         

2 件のコメント

  • キレイな崩しに拘りすぎるところが、悪いときの大宮。
    しっかりトラップしたら、まずシュートを狙ってほしいね。
    大前には。