水戸にレンタル中のMF:小島幹敏「やってやろうという気持ちで来た」

オフにJ2:水戸ホーリーホックへとレンタル移籍したMF:小島幹敏。先日、地元・茨城新聞内で紹介され、いくつかコメントしていましたので、以下、抜粋して引用。

内容

自らのレベルアップを求めて加入し、「やってやろうという気持ちで水戸に来た。チャレンジしていきたい」と向上心は強い。(中略)中盤の底でのワンタッチや、柔らかいトラップからのパスさばきで、水戸のサポーターを魅了する。課題のハードワークを克服した先に、「試合に出続けたい」という目標が大きく近づきそうだ。

– 茨城新聞 –

トラップやパスなどで光るものは見せるものの、どうやら課題は守備面とのこと。そもそも同期の高山と比べてホントに細かった小島。あれじゃ寄せられたら跳ね飛ばされて攻撃も守備もデキませんわな〜。

フィジカルと運動量を求められる水戸のサッカー。西ケ谷監督の元でどれだけ成長できるかが、今後のサッカー人生において大きなポイントになりそうですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
守備がなんとかならないとレギュラーは難しいかな。
         

2 件のコメント

  • そもそも、こんな体の細い子を、トップに上げる大宮の感覚がおかしい

    大学に進学させるべきだった!

    このままじゃ、高卒の肩書きで、再就職先も限られる