渋谷洋樹監督が語る山田、河面、茨田、アーリア、瀬川、大前の特長

shibuya-hiroki

昨日行われた2017シーズン新体制発表会。チームを率いる渋谷洋樹監督が新加入6人に期待するところ(特長)を語ってくれていました。

以下、OmiyaVision無料版より抜粋して引用。

内容

山田陸

ユースから昇格の山田陸からいきますと、(山田)陸に関しては2年くらい前からユースのゲームを見ていて、アンカーでゲームの中心として非常にゲームをコントロールしているというところでは、大宮の育成ではボランチの選手が育っていくと思っていますし、一番重要なポイントだと思っています。タッチ数はちょっと多かったりしますけれども、プレースピードが非常にありますし、昨年の3年生になってからは中心となってやっていました。非常に高いものをもっていると思います。あとは負けん気が強いので、ボールを奪う強さとかを意識してやっているんじゃないかと思いますし、プロでもそういうところを見せてもらえればいいんじゃないかと思います。

– OmiyaVision:紙面 –

ポジションはボランチ&アンカー。光るものはありますがいくらなんでも1年目からJ1は無理。今季は体づくりだなー。

河面旺成

河面選手は何試合か大学選手権などで見ていますが、キックの質は非常に高いと思います。あとはオーバーラップの躍動感、そこからのクロス、ボールフィードに関しては高いものがあります。守備に関しては、明治大学さんだと攻撃中心だったと思いますし、ウチのトレーニング来ても能力の高い選手によくあるように、ポジショニングが少しズレているというのは彼にもよく言っていました。そういうところを高めていけば、普通にできるんじゃないかと思います。攻撃力には非常に長けていると思います。

攻撃は文句なしなようですが守備面、特にポジショニングに難があるようですね〜。そこは海本コーチらと共に学んでいけば克服できるはず。まずはYLC予選出場が目標ですかね。

茨田陽生

茨田選手は、高校1年生のときに見ていますし、Jユースカップで渡部大輔選手のいる大宮ユースの前の試合でレイソルさんとガンバさんがやっていて、すごく強い3年生主体のレイソルさんの中で1年生から出ていました。キックが非常にうまくて、1年生でこれだけできるのかと思った。非常に能力が高いと思いましたし、私が甲府でJ2にいたときも、ネルシーニョ監督の下、18歳からサイドハーフで出ていました。ボランチでも出ていましたし、常にレギュラー争いをしていて、非凡な才能を持っています。メイクディシジョンできるというか、非常に判断のできる選手だと思います。あとはキックの質が高いですよね。

カルリーニョス選手退団で課題となっていた後方からのビルドアップ能力を持つ茨田。攻撃能力は折り紙付きですが、とにかく守備面が長年課題の選手でした。渋谷監督の指導で守備を修正できればスタメン確実。大宮の攻撃力は飛躍的に増加することでしょう。

瀬川祐輔

瀬川選手に関してはJ2なので、(同ディビジョンで対戦していた江坂)任とは違って試合数をすごく見ているわけではありません。もちろん清水慶記選手や高瀬優孝選手がいるのでTVではよく見ていましたが、そのときは瀬川選手が必ずボールに関わって、なおかつ相手のイヤなところに行く。プラス、シュートがあって、アシストが多い。最後の判断でシュートを打つのがいいのか、パスを出すのがいいのか、判断をしっかりできている選手だと思って、声を掛けました。

ポジションを争うことになるであろう江坂、慎太郎、マテウスらとの違いは昨季アシスト11という特筆すべきパス能力の高さ。なおかつ決定力もあり、守備もしっかり行います。おそらく大前と共に開幕スタメンになるんじゃないかな…と思っています。

長谷川アーリアジャスール

アーリア(長谷川)選手については、湘南さんに来てからの練習試合でも、Jリーグでも、天皇杯でも、彼が途中から入ってきていつも流れを変えられた。特にボランチとセンターバックの間でボールを受けられてプレーをされていたので、そういうところで非凡なものを持っていて、アタッキングのイメージがすごく高いというところで良い選手だと思います。

攻撃ポジションなら全部できるアーリア。テクニックは折り紙つきなんですが…彼も茨田同様、守備面が問題で湘南では輝かしい成績は残せませんでした。渋谷監督が彼をどう調理するのか注目ですね。

大前元紀

大前選手はJリーグの中でずっと対戦する中でも、最後に得点を決めるのは大前選手だなと。キックの質、クロスの質、セットプレー、シュートの質というところで、最後の決め切るところが非常に長けていると思います。教えられない部分を持っている選手だなと思っています

清水ではチーム事情から様々なポジションをやらされて、なおかつ背負うものが重すぎた。彼はどう見ても純粋なFW。守備はそこそこでいいから、ゴールだけに集中してくれれば絶対に2ケタは決めてくれます。頼むぞ新・大宮の10番!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
はたして6人のなかで開幕スタメンを掴むのは誰だ?
shibuya-hiroki
         

6 件のコメント

  • 司令塔の家長が抜けて大前が入ったことで結構スタイルが変わるのでは。
    家長がいなくなった後の今の大宮には家長の代わりになる司令塔がいないし、大前はフォワードとして入ったわけで家長とはラインが違う。これまで家長中心の家長司令塔を基にした守備重視のチームだったのが、大前などが加入したことでFW・MF・DFと1ランク上のバランスの良いレッズのような攻守万能なチームになるのでは。

  • 渋谷「いわかみ、おまえ10番譲れな」
    大前「よっしゃー10番ーエースナンバーだぜー」
    岩上「うぅぅ家長さん・・・(泣)」

    第一戦の川崎戦では家長へのブーイング凄そうだ・・・。

  • なんだかんだ言っても同じチームに残るのが良い選手だよ。
    横浜FCの三浦、マリノスの中澤、そして我らがミスター大宮・渡部選手。

    大前にしろ家長にしろサポーターが支えてくれたチームを離れて移籍したことには変わりないだろ。

  • 泉澤と家長が抜けたので
    左サイドの迫力は無くなるので
    4-4-2より

    茨田を加えた、横谷・大山と
    3ボランチ、アーリアがトップ下での4-3-1-2
    アンカーに和田もバランス良いかな

    あとは4-3-3なんてのもありかな

    期待して待ちましょう

  • 3ボランチ・・・・?

    大前の1トップも面白そうだし、大前をウイングにして江坂・ムルジャと3トップにするのもよさそう。
    金澤・清水などもまだまだ調子いいし、大屋・藤本・渡部などの従来の守備陣もいける。
    江坂には1トップで大前が司令塔もしくは1.5というのはどうだろう。

  • 当たり前かも知れないけど、渋谷監督が自分の目で見て選んだ6人なんですね~
    司令塔は、アーリアでしょう。キープできるし、視野が広くて判断が早い❗