J1復帰の清水エスパルスFW:大前元紀選手に獲得オファー?

大宮アルディージャが川崎へと移籍するMF家長選手の後釜に清水エスパルスFW:大前元紀選手の獲得に乗り出していることが判明。

以下、抜粋して引用。

内容

大宮が清水FW大前元紀(27)の獲得に乗り出していることが29日分かった。 今季、クラブ史上最高の5位で終えた大宮だが、11得点を挙げたMF家長が川崎Fへ移籍することが決定的。 攻撃選手を模索する中J2で18得点を挙げた大前に白羽の矢を立てた。

– 日刊スポーツ –

まぁオファーするだけならできますからね〜。

ちなみに清水との契約交渉は既に報じられており

今季限りで契約が切れるMF本田拓也(31)FW大前元紀主将(26)ら主力が早速、交渉の席についた。クラブ側から契約延長の提示を受けた本田は「しっかり考えた上で決断したい」。大前も「来年もエスパルスでプレーすることを第一に考えて、クラブと話し合っていく」と継続交渉を続ける意向。今後、代理人を通じて交渉を進める方針だ。

– 日刊スポーツ –

当たり前ですが清水が第一と言い切っています。移籍金はかからない模様ですね。もはや唯一とも言える清水のレジェンド選手。今季は長期離脱後にレギュラーに返り咲いてJ1復帰。少なくとも移籍するのは今ではないように思う。

ただチームを率いる小林監督はFWにサイズを求めるタイプ。今季J2得点王のチョン・テセ選手に加えてミッチェル・デューク選手も来季契約が決まっており、北川、長谷川悠と180cmオーバーのFWが揃う中、大前選手(167cm)は明らかに小さい…。

昇格を置き土産に長らく共に戦った石毛、本田、(平岡)らはチームを去ることが決まっています。はたしてどうなるかな。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
準決勝敗戦、家長選手の移籍、そして最後に大前元紀選手のオファーいろいろありすぎ。(ヽ´ω`)
         

7 件のコメント