渋谷洋樹監督「セットプレーの練習はコーチに任せている」

shibuya

昨日の朝日新聞・埼玉版にて、大宮アルディージャを率いる渋谷洋樹監督のインタビュー記事が掲載されました。その中で面白い部分がありましたので抜粋して引用〜。

内容

セットプレーの練習は、攻撃なら黒崎久志ヘッドコーチ(48)に、守備なら海本慶治コーチ(43)に全て任せている。「スタッフがきっちり準備してくれる。試合の日は、試合前、ハーフタイム、試合後に3回話をするだけ。楽な仕事ですね」

– 朝日新聞:紙面 –

攻撃は黒崎コーチが担っているのは分かっていましたが、守備は海本コーチだったんですね〜。

今季はJ1でありながら昨季のJ2とほぼ同じ14ゴール10失点だったセットプレー。来季もこれぐらいの得失点がで、流れの中からのゴールも増やせれば更なる上の順位も夢ではありません…のでお二方には更に頑張って欲しいところですね。

しかし、3回話しをするだけなんて白々しいことを…ニコニコしながら相当な御方ですよこの方は…。(;´∀`)

shibuya
         

2 件のコメント

  • 1人で全てやろうとしないのが大宮が強い理由だぜ。とても合理的でイイね。