家長昭博PK弾を塩田仁史が絶賛「あいつの動体視力ははんぱない」

苦しみながらも89分の家長昭博PK弾で勝利した天皇杯4回戦・横浜FC戦。試合を決めたPK弾について我らのGK:塩田仁史がコメントしていました。

内容

このPKを最後尾で見ていたGK塩田は証言する。「(家長は)『相手のGKがめっちゃ早く動きましたよ』って言ってたけど、そんなに早く動いてはなかった。あいつの動体視力ははんぱない」。通常の練習時も、家長のPKは天下一品で「練習の時いつも取れない」という。その上で「俺の経験上、藤本淳吾か家長かっていうくらい」と大宮の守護神も舌を巻く。

– スポーツ報知 –

やはりGKから見ても家長昭博のPKは止められないんですね〜。

これからの戦いは120分で決着がつかなければPK戦もある難しい戦い。みんな練習してうまくなって欲しいものです。

         

3 件のコメント

  • アキは残ってくれるんでしょうか?神さま、仏さま、昭博さま〜頼みます!!

  • 家長いなくなると大変だけどアルディージャは彼に依存し過ぎ。長期の怪我したらどうすんだ?