渋谷洋樹監督「FC東京戦のポイントは相手のCB&ボランチの潰し」

shibuya

今季リーグ最終戦であるFC東京戦に備えて、大宮アルディージャを率いる渋谷洋樹監督が、守備のポイントを語ってくれていました。以下、抜粋して引用。

内容

――紅白戦ではFC東京のボランチからの展開を警戒したが?
「彼らボランチだけでなく、センターバックからズラしてボールを動かしてくる。あとは相手の選手は中に入ってボックス型のような感じでやってくる。そこにボールが入ってしまうと数的不利にもなるし、コンビネーションも生まれやすくなってしまう。コンビネーションをさせないためにも、前線からの規制が非常に重要。攻撃に長けたボランチがいるので、そこに入ってしまうと守りにくくなる。レイソル戦でも前半は非常に良い守備をしていたので、どれだけ続けられるか。後半になってプレッシャーが掛からなくなると、危険な状況も多かった。ボールが入ってしまえばどの選手も良い動きをする。入る確率を減らすための前線からの守備をしないといけない」

– OmiyaVision:無料記事 –

相手のCBは言わずもがなの日本代表コンビである丸山&森重。そしてボランチは田邉&梶山という生え抜きコンビです。

いずれも高い攻撃力を持った選手たち。なんとしても抑えきって勝利を掴み取りたいものです。

shibuya
         

2 件のコメント

  • 梶山はユース出身の生え抜きですが、田邉は國學院久我山卒です。平たく言えば外様です。

  • こちらのCB、ボランチも強力になりました。
    マッチアップが楽しみですね(^^)