日本でプレーするネイツ・ペチュニクを残念がるスロベニアメディア

slobenia

11日に欧州でもW杯予選が開催。ネイツの母国であるスロベニア代表はホームでイングランドと対戦し0−0のドロー。この結果を受けてスロベニアメディアが元代表であるネイツ・ペチュニクについて触れていました。以下、翻訳して抜粋して引用。

内容

「かつてイングランド相手に84分にゴールを決めたスロベニア代表ストライカーは、現在日本にいます」

(中略)彼らはグループリーグで上昇したスロベニアのスコアボードを見て喜びます、そして、その満足は3位である現実の目標に打ちのめされます。「極東でプレーするスロベニアンストライカー(ネイツ・ペチュニク)を残念に思います」

– siol.net –

2015年のEURO予選でイングランドをあと一歩まで追い詰めたスロベニア。そのときにゴールを決めたネイツ・ペチュニクが代表を引退して日本にいるのが残念がっているようです。

2列目としての起用は失敗に終わり、トップとしてはムルジャ、家長、江坂に次ぐ3・4番手のネイツ。オフはどうなるのかなぁ…。

slobenia