磐田戦の3点目についてMF:大山啓輔「練習から継続して狙っていた」

keru

一昨日に行われた天皇杯3回戦磐田戦。渋谷監督が「勝負を決めた」と評価する後半の3点目について、ゴールを決めたネイツとCKを蹴った大山が詳しく語ってくれました。以下、OmiyaVision:無料記事より抜粋して引用。

内容

ヘディングでスラしてネットを揺らしたネイツは「前日練習から『ニアに突っ込む』という話をコーチ陣からされていたので、それをしっかり遂行した。うまいことボールが来てくれた」と語り、「前半は惜しいこともあったが、相手にブロックされてしまった。ゴールのときはいろいろな要素が重なり合ってゴールに至ったと考えている」と継続したトライを振り返った。また、CKからアシストする形になった大山啓輔は「直接決まってもいいし、スラして次の選手が触ってもいいというのはあった」と狙いを明かす。練習どおりに前半から同じコースを狙い続けていただけに、「継続して狙っていたので、実って良かったと思う」と安堵の表情を見せた。

– OmiyaVision:無料記事 –

やみくもに蹴っていたわけではなく、前日練習の成果が出たんですね〜。

CKやFKからのゴールがあまり多くない大宮。今季残り5試合+天皇杯はネイツ&大山にも要注目!

keru
         

2 件のコメント

  • ネイツ!ネイツ!ウルトラマンネイツ!
    マヨネーズ!マヨネイツ!
    いいねネイツ、最近ノリノリで絶好調じゃん♪
    このまま首位3位内を狙うのだ!大宮の戦士たちよ!男はケダモノだ!男はビーストだ!ケダモノになるのだ!全試合勝てよ!