2nd第10節:甲府△一時逆転も恒例のATセットプレー失点でドロー

kekka2Kofu

夏の踏ん張りどころ5連戦。その初戦はリーグアウェイ戦、相手はなにかと縁のある、お馴染みヴァンフォーレ甲府であります。

大宮アルディージャ・スタメン

wp-1472166180894.png

前節リーグ仙台戦から家長(出場停止)→ネイツ、大輔→奥井と2名変更。

サブに順大、大屋、岩上、横山、大山、マテウス、慎太郎。

ヴァンフォーレ甲府・スタメン

wp-1472166165680.png

こちらは前節の広島戦から変更なし。

サブに岡西、津田、田中、黒木、石原、盛田、ビリー・セレスキー。

試合内容

雨がぱらつく中、定刻通り18時にキックオフ。予想通りボールを握る大宮と引いてカウンターに掛ける甲府な試合内容。お互い決め手に欠く内容で時間は進むが、19分にドゥドゥに右サイドを切り裂かれ中央の保坂選手が合わせて失点!

 

その後は、いわゆる「ボールを持たされている状態」に陥り、ブロックの回りをぐるぐる回すだけ。時折中に入れるとカウンターを喰らうという、甲府の術中にまんまとハマる時間帯が続いていく。このまま前半終了かな〜と思った42分、奥井のクロスを江坂が収め、走りこむ和田にパス! これを和田がマイナスのクロスを送ると、中央のムルジャが合わせて追いつく!

なんとか1−1で前半終了。

HTお互いの交代なしで後半開始。 後半開始早々、ムルジャが倒されてPK獲得。家長がいないのでキッカーは…ネイツ? 千葉時代に結構決めていたらしいが不安しかない…。 分かってはいたがしっかりセーブされてゴールならず。

スクリーンショット 2016-08-27 20.36.21

 

その後は前半の序盤と似た展開。ボールを握りながら時々効果的なパスを入れて攻撃する大宮、ドゥドゥを中心にカウンターとセットプレーで攻める甲府といった感じ、お互いの守備も堅く決定的なシーンが無いまま時間が過ぎていく。ここで監督が動き、泉澤→慎太郎、ネイツ→マテウスとカードを切る! すると81分、奥井のアーリークロスを相手DFが合わせてしまいオウンゴールになるとこをGKが防ぐ。そのこぼれ球に飛び込んだムルジャ、江坂ら相手DFと混戦の中、マテウスが押し込み勝ち越し!

ついに逆転! その後は攻め寄せる甲府を必死に防ぐ大宮。ロスタイム前に奥井を下げて大屋を投入! さぁ逃げ切るぞ〜!

ま〜たATにセットプレーで失点で引き分け。

 

あの時間であーいうムダなセットプレー与えた瞬間にもう悪い予感しかしなかったけど、やっぱり決められてしまいましたねぇ。(;´д`)トホホ…。

ただ前半の惨状と後半早々にPKを1つ外したこと、監督も早め早めにできる手は打って一時は逆転したことなどを考えると、横浜FM戦に比べれば悔しいけど納得の引き分けでした。奥井交代はカードを1枚もらっていること、裏を狙われて穴になっていたことを考えれば妥当だったと思います…。

現地サポーター、本当にお疲れ様でした!

kekka2Kofu
         

6 件のコメント

  • 現地より帰宅。
    家長がいない時のPKのキッカーの用意を今年も怠るとは…
    横谷とか蹴れないんですかね?

    PK以外にも慎太郎の完璧なクロスをムルジャが決めきれなかったりと自ら流れを手放すようなことしたツケが最後に回った印象でした。

  • ムルジャ残念ながらこの成績じゃ外国人枠使う必要無い。ネイツは論外、他の選手の出場機会を奪ってるだけ。マテウスは残しても良いけどあとの二人はもう見切っていいじゃないかな?って思う

  • PK失敗、追加点が取れそうなのに取れない、1点リードを守りきれないと、全てもう一息なのでしょうね。
    来年への布石として、しっかり受け止めて、日々の練習で出来ない部分を取り組んでもらいたいです。

  • ネイツも近めのアウェイにすら来てくれない人に「分かってはいたが」なんて言われたくないでしょう。

  • 甲府相手に何やってんだ!ウチはJ2をトップで勝ち抜いたNo.1チームなんだぞ。
    家長は怪我してさいたまダービー出れなかったりレッドカードもらって欠場になったり。
    渡部も奥井も怪我してるし、しっかりしろよ。

  • 決めるべきところ決められないつけが最後に来ますね。毎回毎回。外国人FW2人は試合前のシュート練習から外しまくってますよ。