DF:河本裕之が悩む守備バランスとチームの攻撃面。

koumo

明日行われるアウェイ鳥栖戦に先発出場が濃厚なDF:河本裕之。戦いを前にCBとして改善すべき点をコメントしました。以下、Omiya Vision 無料記事より抜粋して引用。

内容

――攻撃の時間が増えてきた中で、仙台戦から今節につなげたいところは?
「仙台戦は個人的に全然ダメだったので、反省ばっかり。ポゼッションもそうだし、いろいろな面で向上していきたい。ポゼッションだと前に付ける部分もそうだけど、最近はもっと落ち着かせる、時間を作るところも入れていかないと、最後に押し込まれるようになってしまう。磐田戦も、仙台戦もそうなってしまった。カウンター気味に行って取られて、また押し込まれるというシーンが多いので、もうちょっと落ち着かせられるようにしたい。いまは全体で守備をしているけど、前の選手がもっと攻撃にパワーを出せるようにしてあげたい」

――守備の安定には手ごたえがあるのでは?
「前からの守備で後ろも連動できるようになってきたし、引いた状態でも距離感良くやれている。チームとしてできてきている。守りに関してはそうだけど、そればっかりじゃなくて攻撃もできるようにしていきたい。僕らからすると、ちょっと前に(守備を)やらせ過ぎている部分はある。負担を減らしてあげられればいい」

– Omiya Vision:無料記事 –

あれだけのプレーをしてもまだダメ!

守備は上手く行っていますが、その分攻撃力が下がっている事実をしっかり認識しているんですね〜。上手いことバランスが取れればいいですけど…なかなか難しいんでしょうね。

菊地の離脱で次節のCBは山越か高山。経験の浅い彼らを上手く導いてほしいものです。

koumo