敗北した浦和レッズ戦、双方の選手監督の印象的なコメントまとめ

comment

さいたまダービーに敗北したアルディージャ。ひさびさに双方の選手監督のコメントの中で個人的に印象的だったコメントをまとめてみました。

内容

サイド攻撃について語るペトロヴィッチ監督

もう1つはサイドからの攻撃だ。前半であれば特に左サイド、宇賀神(友弥)選手のサイドは何回かチャンスがあったが、本来であればもっとあそこから崩せていてもおかしくないシーンを作れたと思う。ただ、攻撃の組み立ての部分も、一瞬しか空いていない部分を見られていなかったり、動き出しのところでボールを出せなかったりもあったので、攻撃の組み立てもしっかりいっていない前半だったと思う。その辺をハーフタイムで少し修正した。

– Jリーグ –

TVで鈴木啓太さんが言っていたのがコレ。名前こそ出していませんでしたが、奥井がほとんど90分間攻め上がらずに黒子に徹して左WB宇賀神選手を潰し続けました。鹿島MFカイオ選手とのマッチアップでも一歩も引けを取らなかった奥井。ホントなんで神戸は出してくれたんだろう?

浦和対策について語る渋谷洋樹監督

レッズ対策は1日しかやっていない。選手たちが頭を使って守備をしてくれて、カウンターでも相手より1歩、2歩早く動いて自ら得点チャンスを作った。レッズはリスクを背負って攻撃してくるので、チャンスはできると思ったが、そこでしっかり得点を決められない。鹿島戦でもそうだったが、もう少しカウンターでのチャンスを決め切れるようなトレーニングをしていないことに、悔しさを感じている。もっとそこのレベルが高ければ、勝利につながるのかなと。戦う気持ちとかではなく、相手を見て、もう少しスペースを使って攻撃する、相手を動かすというのを、劣勢の中でも交代選手を含めてやることを徹底していたら、もう少し違う形のシュートシーンもあったのかなと思う。

– Jリーグ –

1日しかやらなかった浦和対策の中身はカウンター! ただトレーニングしていないために決めきれなかった…。(特に後半)

そのカウンターの具合的な中身については選手たちが触れています。

カウンターの中身・CBビルドアップ封じについて

まずは家長。

守備に関してはあまり引くことなく、今日に関しては僕と(江坂)任の2トップだったし、監督からも「前から2人で追ってほしい」と言われていたので、そういうプランで入った。攻撃に関しては高い位置で取れたらスペースがあるので、僕と任でスペースに出ていこうと話していた。

--浦和のビルドアップ封じはポイントだった?

僕と任の役割はそこだったし、できれば後ろも楽になると思って、そういう狙いだった。

– Jリーグ –

続いて2トップの相棒:江坂

「相手は最終ラインの3枚の脇に阿部選手が降りてボールを回してくる。そこを自分たちがチェイスして、バランスが崩れたところをカウンターというのが狙いだった。その狙いはうまくできたと思う」。

– 大宮アルディージャ –

そして最終ラインを統率する菊池

「(江坂)任を中心に前からパスコースを制限してくれた。それによって、自分たちも前向きでボールを奪うことができたし、いい形でカウンターもできていた。ラインもずるずると下がらず、高く保つことができた」と手応えを振り返っている。

– 大宮アルディージャ –

ここまでリーグ全試合で先発していたムルジャを外す賭けに出た大宮。相手DF槙野選手が「間違いなく前からプレッシャーを掛けてくる布陣だと思った」と語ったように最終ラインを追い回し続け、中盤へのパスをラクに供給させませんでした。コレが浦和圧倒的有利の下馬評を覆したポイントでしたね~。ただFW2人がプレスに行くことで消耗、そしてSBの奥井や和田が攻め上がらずに守備に徹したためカウンターの威力が半減、更に交代選手の不発で最後までゴールを奪うことはできませんでした…。

何を言っても負け惜しみになりますが、引き分けた甲府&鹿島戦より、明らかにチームの成長を感じた試合でした。広島戦のようにこの試合をキッカケにチームはまた強くなる気がしますぞ。

次の絶対に仙台戦勝つぞ~っ!

 

最後にさりげなく順大をディスる柏木。

--右足のシュートとしてはイメージ通り?

イメージ以上じゃない? ノブ(加藤 順大)も高い選手じゃないから。今日もたくさん止めていたし、良いGKだと思うけど、前に出ているのも分かっていた。あとは狙ったというよりは「入ってくれ」という気持ちで蹴っただけ。

– Jリーグ –

うるせーっ! ヽ(`Д´#)ノ

comment
         

4 件のコメント

  • 加入当初は攻撃力より守備力に難があるとの見方もされていた、奥井選手。

    守備に専念すればとてつもないポテンシャルを秘めていることを証明した試合でしたね。

    周りの選手達が、もっと奥井選手を理解して、攻撃にも顔を出せるようにしてあげれば、大宮にとっては大きな武器になる可能性を見ました。

  • 奥井も岩上も守備だけなら十分かも知れませんね。
    とにかく、真面目な選手。監督のミッションを忠実に遂行しますね。
    あとは、攻撃のスキルとアイデアだと思います。トレーニングでどこまで落とし込めるか。
    ホントに、今季の大宮の浮沈を握りそうです。

  • 一昨年の対戦とは見違えるほど、大宮は浦和に対して良くやったと思います。家長の惜しいシュートが決まって入れば、また違う展開になったかもしれません。
    しかし結果的には、柏木の演技としたたかさにやられた試合でした。柏木は倒れてファールを審判に何度もアピールしつつ、何事もなかったかのように相手の隙をついてゴール、相手の隙を狙っていたようにも思えます。
    シュートがブロックされることが多かった鹿島戦と浦和戦を振り返ると、余裕がない展開てもシュートコースを見出す、この紙一重が足りない部分なのかもしれません。

  • うちの選手たちは、自陣ゴール前でボールを奪った時に余裕があるにも関わらず相手側にただ蹴り返すのだろう?相手ボールになり、逆襲を食らう。岩上、金澤、和田、河本、菊地たちだ!!

    対して、浦和の選手たちは同じ場面でもボールを繋いでくる。

    仙台戦に勝って、初めて今回のダービーに負けた意味がある。(課題を修正したという意味)今季の大宮は、一昨年までとは違うのだ!!と魅せてもらいたい!!