家長昭博「2年前の悔しさ忘れてない」加藤順大「両チームに感謝」

vs-urawa

今週末にいよいよ行われるさいたまダービー。戦いを前にMF:家長昭博とGK:加藤順大がコメントしてくれました。以下、Omiya Vision 無料記事より抜粋して引用。

内容

まずは家長昭博。

――注目される中で大宮をアピールしたい?
「僕が大宮に来てからダービーで勝てていない。浦和はJリーグで飛び抜けた存在になりつつあるし、そういうチームになんとか勝ちたい。1試合で判断されることではないけど、大宮がより成長していくためにも負けられない」

――2年前の悔しさを晴らしたい?
「悔しい気持ちはいつも忘れていない。勝ったことより、負けたことのほうが選手としてはハッキリ覚えている。大宮を応援してくれる方のためにもそうだけど、一番は自分のためにというのがある」

– Omiya Vision:無料記事 –

家長が大宮に来た2014年はナビスコ杯予選1つ、リーグ2つ全部負けているんですよね〜。

とはいえ3試合とも某監督の指揮によりむちゃくちゃなチーム状態での敗戦。渋谷監督の元、生まれ変わった現在のチームで、今度こそダービーの舞台で暴れまわって欲しいものです。

 

そして浦和に14年間!所属し、現在は大宮の守護神となった加藤順大。

――浦和への思いは?
「ダービーというのは特別だし、日本全国のサッカーファンから注目の集まる試合だと思う。浦和レッズに対しては僕を育ててくれたクラブだし、一緒にやっている選手が多い。そういう意味では、加藤順大というサッカー選手のサッカー人生の中では、非常に重要な一戦になるということは分かっている。ただ、『だからやってやろう』というわけではない。僕を育ててくれた浦和レッズと、大宮アルディージャの選手として戦えるということに感謝しながらプレーしたい。そういう気持ちはあるけど、プレーに影響したり、舞い上がったりはしないと思う」

– Omiya Vision:無料記事 –

両クラブに感謝。順大らしいコメントですね。

今でも普通に浦和の選手と仲いいですからねぇ〜。心境は結構複雑だろうな…。

ダービーを前に、OmiyaVision にはムルジャ、江坂、金澤のコメントも掲載されています。必見!!

 

ちなみに日刊スポーツの記事は修正されていました。日刊スポーツの迅速な対応に感謝。 

vs-urawa
         

1 個のコメント

  • 家長、順大のダービーへの想い、叶えてあげたいですね❗
    今季の大宮はちと違いますよ❗❗