なでしこ前監督:佐々木則夫氏は十文字学園女子大の副学長就任へ

元大宮の監督(1996~98)で言わずと知れたなでしこジャパン前監督の佐々木則夫氏。監督退任後の去就が注目されていましたが、どうやら埼玉県の大学である十文字学園女子大の副学長になるとのこと。以下、抜粋して引用。

内容

 なでしこジャパン前監督の佐々木則夫氏(57)が十文字学園女子大(埼玉・新座市)で退任後の再スタートを切ることが21日、分かった。古巣のJ1大宮も復帰に関心を寄せていたが、関係者によると、同大で副学長の就任が濃厚。近日中に正式発表される。

– スポーツ報知 –

十文字学園女子大は埼玉県新座市にある女子大学でサッカー部は関東女子2部リーグに所属。昨季は10チーム中9位で入れ替え戦に勝利して辛くも残留を果たしています。

こんな記事も出たように、

大宮のフロント入り濃厚? かと思われましたが、実現はしませんでした~。

まぁ正直、今の大宮は渋谷・松本体制で順調に回っているし、女子での実績しか無い佐々木さんが急に入ってきても…とは思ってました。とりあえず埼玉県にいるみたいなので繋がりも残りそうですし、お互いにとって良かったのかもしれませんね。

         

3 件のコメント

  • 試合前のフレンドリーマッチで十文字対ジュニアユース等開催してみては?

    大宮サポーターにとっては、未来のトップチームの選手を見れるし、女子サッカーにとってはJの公式戦用のグランドで試合ができる。

    どっちにとってもアリだと思うけど。

  • 実際は教育者だとかマネジメント能力を買われて副学長としてのオファーがあったのだと思います。
    「何でもサッカーに結びつける」という短絡的な発想ってどうなんでしょうね...

    • >女子サッカーにとってはJの公式戦用のグランドで試合ができる。
      そういえばエルフェンと提携してましたね。そういう繋がりもできるかもしれませんね

      >実際は教育者だとかマネジメント能力を買われて副学長としてのオファー
      指導者ではなく教育者…サッカーから離れるってことなんですかねぇ