YNC甲府戦に向けて泉澤仁「とにかく2トップをもっと生かしたい」

izu

明日行われるYNC:ヴァンフォーレ甲府戦で左SH先発濃厚なMF:泉澤仁。試合を前に攻撃面について OmiyaVision にコメントしました。

以下、OmiyaVision より抜粋して引用。

内容

――ナビスコ今節・甲府戦で出していきたい部分は?
「チームのプラスになることをやっていきたい。とにかく2トップをもっと生かしたい。それができれば良いサッカーができるかなと。広島戦の得点シーンのような形を増やしていきたい。意外なプレーをすれば、周りの選手はだいぶラクになる。個々でもっと増やしていければいい。そのぶんミスになるリスクはあるけど、誰かがやらないといけないし、大宮のサッカーだとそうしないと崩せない部分もある。ゴールは取れていないけど、そういったところで評価してもらえるようにしたい」

– OmiyaVision:無料記事 –

泉澤の言ってるシーンはコレ

左で泉澤がキープして空いたスペースに家長が走りこむ

1

 

家長はGKを引きつけて中へ折り返し!

2

 

ムルジャが行くと見せかけて急停止!

それにつられてDFが1人剥がされ、走りこんだ右SHの横谷が詰める!

3

理想的な崩しですね~。

こんな形の崩しがいつもできれば良いんですけど…

あらためて広島守備陣がすげぇ。

1枚目のところも泉澤の前は切ってるうえ、サイドをえぐられないようにもう一人がしっかりカバー。股抜きでスルーパスを出されてしまいましたが、前の段階ではキチンと家長にカバーが付いている。

2枚目の写真でもGKはニアのシュートコースだけは切っているし、ちゃんと2枚DFが飛びこんでいる。最後はムルジャが囮になって止まったため、横谷にシュートを打たれて失点しましたが、誰ひとりとしてサボらず全員が動きを止めていません。よく1点取れたな…。

izu
         

2 件のコメント

  • 完成されたリトリート、広島の守備陣形を崩して得点を上げた。

    あの崩しが出来るだけのポテンシャルを大宮は持っているとポジティブに考えています。

    あの日の広島のサッカーのクオリティは素晴らしかった。

    サボらない!!この一言にすべてが詰まってますよね。