G大阪戦の敗因:狙われた右サイドと遠藤選手への寄せの甘さ

snipe

ガンバ大阪に新スタジアム公式戦初勝利を献上したアルディージャ。昨季2位に対し、0-0で折り返して最後は1点差まで詰めたので「よくやった」と言いたいところですが、コメントをまとめるとあらためて「必然の敗北」だったことがわかってきましたので以下にまとめてみました。

内容

チーム全体で大宮の右サイドを狙った長谷川監督

前半から左サイドが良い形で機能していたので、後半も「あそこをさらに狙って行こう」という話をして、非常に良い崩しでした。なかなか最近は2点目が取れなかったので、そういう意味では大きな追加点だったと思っています

– jsports –

前半は無得点ながら何度も良いシーンを作られた大宮右サイド。チーム全体で後半は更に狙うよう指示した長谷川監督。失点は時間の問題でしたね…。

右サイドに不安を感じていた家長

ずっと僕たちの右サイドを狙われていた部分はあると思うし、ジャブのような形で、最後はハル(藤春 廣輝)の一番狙っていたコースに走られた。分かっていたけどやられたというのは、自分たちのミスだと思う。次はミスのないようにやりたい。

– Jリーグ –

やはり狙われた右SH:ネイツの裏のスペース。選手から言われるようではさすがにキツイ。

連動せず追ってスペース空ける、抜かれたら棒立ち、ボールを持てば突破しようとして囲まれて取られる。ここまで明確な穴があると強豪相手に勝負するのは厳しい…。  

ではなんで右サイドばかりピンチだったのか? その答えを遠藤選手が教えてくれました。

楽だった遠藤保仁選手

--ようやくチームとしてもいいリズムが出てきた?

今日は相手も結構引いていたし、フリーな状況でボールを持てる時間も長かった。あれを相手がハイプレスできても、同じようにやれるようにしたいし、勝ちながらチームの状態も徐々に上がっている。今日のようなテンポでやれれば、これから先も非常に楽しみになってくる。

--敵陣で遠藤 保仁選手が前を向いてボールを持つ場面も多かったが?

あまり、相手のプレッシャーがなかったし、皆が動きながらボールをもらう意識も高かった。あれだけフリーで敵陣でもボールを持てば、より効果的なパスを出していきたいし、(宇佐美)貴史やサイドの選手も前を向いてボールを運べることも多かった。ああいう形が増えれば、相手の脅威になる。

– Jリ-グ –

世界屈指のパサーを敵陣でフリーにしてラクと言わしめた大宮の守備。

ただでさえ実力差があるのに、

相手の最強武器を封じないで勝負になるわけなかった…。orz 

以下、特徴的だった2つのシーンをご紹介。

まずはG大阪14分の決定機の前のシーン。

藤春選手から大宮陣内でポールをもらった遠藤選手。なぜか家長と岩上が棒立ち。

1

 

来ないんだったら、とフリーの遠藤選手、サクッとバイタルエリアで待つ宇佐美選手にパス成功~。

2

この後、宇佐美選手はPAに切り込んでシュート。これは塩田が防ぎましたがどう見ても失点してもおかしくない最悪のプレーでした。岩上の後ろにはスペースが有り、遠藤選手に行ってかわされたら大ピンチになるのでまだ分かりますが、家長はなんで棒立ち? 強行出場だからっていくらなんでも…。

そして2失点目の直前、遠藤選手が藤春選手にスルーパスを送る前のシーン。

3

ネイツがトコトコ歩いて前にいる遠藤選手へのプレスを怠る。

これワンタッチじゃなくて、遠藤選手がパスを出す前に寄せる時間ありますからね!

このシーンは失点に直結したので取り上げましたけど、その他のシーンでもまぁ判断が悪いこと悪いこと。寄せるべき時に寄せず、寄せなくていいときに寄せて後ろのスペースを突かれるシーンがホント何度も何度もありました。

クロッサー&高さのないF東京、柏相手では白星という結果でごまかせましたが、やはりJ1で今までのドン引き守備は通用しない。広島戦でも同じことをすれば(=青山選手をフリーする)確実に失点するでしょう。

でもネイツがいることで確実にセットプレーからの失点は減っているし、彼の高さを生かすようなクロスボールが入っていないし、なにより彼が居るとムルジャが延び延びプレーするもまた事実。ひとまず怪我の影響で走れない家長を一旦外して、ムルジャと2TOPを組ませるのがいいのかな〜と。

みなさんはどう思いましたでしょうか、ぜひコメントをお寄せください。

snipe
         

34 件のコメント

  • 全く同じことを思いました。
    監督の指示で今のラインを敷いているようですが
    それにしてもこの低さでJ1を戦うのは厳しいように感じます。
    もっとプレスをかけてせめて簡単に振り向かせないようにしないと
    これからも目指している主導権を握る戦いは難しいと思います。
    ぺチュニクじゃなく横谷か江坂を試して欲しいなと思いますね・・・

  • いつも楽しく読んでます。ネイツはアウェーがちょっと…という鈴木氏のコメントを思い出しましたw
    個人的には先発は横谷→オプションでネイツ投入でムルジャと2TOPが見たいですね。昨シーズンの播戸→ムルジャのような!

    • 見ていただきありがとうございます!
      >鈴木氏のコメント
      移動で疲れちゃうんですかねえ?
      フィットするまで播戸→ムルジャのように横谷or江坂→ネイツも手ですよね~

  • ネイツは攻撃ではそこまでひどくはないけど、守備面でほころびがやや見えますね。ただそこまで外すべきとまでは思いませんね。

  • 個人的にはネイツは献身的でヘディングも強いので悪くない印象です。もっと攻め上がって相手に脅威を与える位にゴール前でのプレーを期待したいです。岩上ですがボランチとしては、まだまだパスミスやポジションニングのミスがまだ目立ちます。いずれにしても、トレーニングで味方の連携や、プレッシャーの掛け方をもっと強化する必要があるかと思います。

    • となるとやはりネイツを1列あげるべきってことですかね~
      岩上も献身的に動いてますが、やはりまだまだですよね

  • ネイツの献身性は認めますが、それが空回りしているのも事実。
    ポテンシャルの高さは認めますし、もっと見ていたいですが今の大宮でネイツをどう使うかはだいぶ難しいです。
    4-3-3の右ウイングとかなら面白そうですがアンカーポジを任せられる選手もいないですし

    今は不慣れな和田が右に回っているのもありますが、攻守ともに右サイドが穴になっているのは明確ですからね…
    大輔なりイーニョなりが復帰したらまた変わってくれると信じたいです。

    • >大輔なりイーニョなりが復帰したら
      ここもポイントですよね。守備の和田、クロスの大輔、突破の奥井。
      誰を使うのか。

  • 私もムルジャとネイツのツートップの方が良い気がします。右に家長、左に泉澤でも行けると思います

  • 守備から入る現在のトレンドを考えるとペチュニクはきついですね。
    納められたらいいのですが、サイドバックが上がれる時間を作れる技術があるわけではないのでいつも攻めが左に偏りがちになってしまうのでコンビネーションなどを考えると横谷起用はやむなしではないでしょうか?

    • >納められたらいいのですが、
      これも重要ですよね~、あれだけのガタイがありながらカンタンに取られるので預けられないんですよね。

  • 左から攻撃した時に、
    右から中に入ってくるネイツをもっとシンプルに活かす事をチームとして徹底してもいいと思います。
    アーリークロスとかで競らせるとか。
    セカンドボールにムルジャが詰める形が想像できます。
    守備はネイツ、和田、ボランチ2人の連携が上がればいいと思います。
    最初はなかなか守備には期待できなかったムルジャがプレスバックするようになったと同様、
    渋谷さんからの指示とムルジャからのアドバイスでネイツも学んでくれたらいいチームになるなと思います。

    所沢さん、いつも楽しく読ませて頂いております。

    • いつも読んでいただきありがとうございます!
      >アーリークロスとかで競らせるとか。
      そう、コレがなぜかないんですよね。沼田を先発させているのはこの形のためだと思っていたのですが実際にはほとんど上げませんよね。
      練習試合ならやっているのかなぁ?

  • 3試合通じて右サイドの連動性は酷いですよね
    大宮の戦術に慣れるまでは
    ネイツ→横谷希望です

    横田の寄せの甘さも気になりましたが
    ここ交代したら高さがなー

  • いつも楽しく読んでます。ネイツはアウェーがちょっと…という鈴木氏のコメントを思い出しましたw
    個人的には先発は横谷→オプションでネイツ投入でムルジャと2TOPが見たいですね。昨シーズンの播戸→ムルジャのような!

  • ごめんなさい。操作ミスで誤送信してしまいました。。
    いずれにせよ、みんな大宮が好きだからこその議論ですな。次節も楽しみです!

  • ムルジャ右でペチュ真ん中はダメですか。
    あと、ブロック作るのは良いがボールホルダーに誰か行かないとダメですよね。
    ベル爺の時はガツガツ行ってたので出来なくはないと思うのですが。

  • 確かにクロスの防御やムルジャとの連携など、良い点もあるので難しい問題ですな。
    とりあえずスタメンを外して、代わりの選手を試すとか?
    家長はサブだとあまり効果が無い気がします。

  • 家長を外すってのはない。
    ボランチを気の利いたプレーが出来る慎にしてネイツ修正の方向で。
    右SBはしばらく和田さんかな。

  • ネイツはもう少し我慢かと。
    ナビスコで江坂、横谷を機能させてから前線を考えればと。
    問題はボランチ。昨年に引き続き横山の注意力散漫プレーには我慢の限界‼︎はね返す高さは魅力だけど、それだけかと。。ボランチの運動量が結果を大きく左右する。金澤の復活に期待するか補強しかないかと。
    どうですか?

    • >昨年に引き続き横山の注意力散漫プレーには我慢の限界‼︎はね返す高さは魅力だけど、それだけかと
      ここもキツイですよね、岩上が上がる分彼がどっしり構えてさばいてくれればいいのに、判断が遅くて狩りどころになってますからねぇ。
      岩上より彼のが問題ですわなぁ

  • 高さが有り、ボ−ルがおさまるペチュニクをワントップに置いて、トップ下に家長、左SHに泉澤、どうしてもサイドに流れる癖のあるムルジャを右SHにしたらどうでしょうか?

    江坂も使いたいし、悩むところ…

  • ムルジャ・ネイツの2トップもありでしょうね。
    家長と泉澤の連携も相手研究され、突破するシーンもほとんどないので。
    江坂を前半・後半から泉澤という手もありかも。
    攻撃陣はタレント豊富なだけに渋谷さんも悩んでいるのではないでしょうか?

  • FWムルジャ、ネイツ
    1列後ろ左に家長、右に泉澤
    そして横山→横谷

    これでどうでしょう。

  • 横山から金澤に代えるのは怖いですね。岩上も金澤もバイタルを空けて取りに行くので交わされた場合センターバック勝負になるので
    2年前のアウェイ浦和戦のようにならないか心配になります。