新加入ながら10番を背負うMF:岩上祐三の決意のコメント

オフに松本山雅から完全移籍で入団したMF:岩上祐三。新加入選手ながら10番を背負う彼が番号の重さと責任についてコメントしました。

以下、スポニチより抜粋して引用。

内容

「10番は他の番号とは違う責任がある。勝ちに飢えているし、チームで一番ハードワークし、走って泥くさく、勝利に貢献したい」 松本時代はトップ下だったが、大宮ではボランチ。前線には家長、ムルジャら得点力のある選手がいるだけに、岩上がボールを奪い、前線にパスを出せば点につながる。「バランスを取って後ろでボールを奪い、前に預けたい。そして失点をゼロに抑えて、しっかりシャットダウンしたい」と攻守に意欲を見せる。

– スポニチ –

新加入選手紹介イベントで背番号について「強化部に聞いてください」と流した岩上。言葉とは裏腹に大きな責任を感じている模様。PSM山形戦で、同ポジションのライバル大山に『本気出したかな』と言わしめたプレーを見せた岩上、今季は彼に要注目!

         

2 件のコメント

  • 大山には期待してますが、現状は岩上のほうが二つぐらい上のレベルだなあと山形戦をみて思いました。カルリが居なくなって本当にどうなることかと心配してましたが岩上なら安心出来そうです。