TM:長崎戦を終えて渋谷洋樹監督「課題が見つかって良かった」

path

宮崎キャンプ中のアルディージャイレブン。OmiyaVision 内で4日目練習試合:長崎戦のレポートが無料公開となったので、気になった部分を抜粋して引用。

内容

試合後、渋谷洋樹監督は「後ろから立ち位置をしっかりしたときの現象とか、ボールを受けるときの場所とか、今日でハッキリと分かった。トライしたことによって課題は見つかって良かった」とコメント。明日以降のトレーニングへのイメージをあらためて得た様子だった。また、「全員が同じイメージでできるようにすることは続けていきたい。同じイメージのサッカーをする中で、そのときに良い選手を出すという感じにしていきたい」

– Omiya Vision 【無料記事】-

渋谷監督が言っている課題

おそらくコレ。

ただ、この日の長崎はフィジカル的な要素も兼ねてかなり運動量豊富に戦っていたため、守備のハメ方が整理され始めると大宮は劣勢に回ることに。特に左サイドからのビルドアップを狙われ、被カウンターから危険なシーンをいくつか作られてしまった。ディフェンスラインとボランチのスライドのスピードによって防いだが、今回の練習試合における最大の課題の一つとなった。

最終ラインにプレスがかかったときにも繋ごうとするため、先を読まれてボールを奪われショートカウンターを食らう、という昨季後半戦でもよく見られた大宮対策ですね。主に狙われたのは1,2本目の高山だったようですが、3本目に岩上が入ると状況が一変し余裕を持ってボールを回せるようになったとのこと。

長崎戦で得た課題を明日の金沢戦で繰り返さないよう期待したいですな~。

追記

試合に出なかった藤沼、奥井、江坂、播戸は発見。順大はホントどこいった…。(;´Д`)

path
         

4 件のコメント

  • 順大はインフルエンザとかじゃないですか?一定期間隔離しとかないとだし。

  • 開幕戦がすごく楽しみな反面、はたしてJ1クラブと対等に闘えるのか?心配です。まあ、5〜6試合の結果次第である程度分かってくると思いますが...。