元大宮のMF:橋本早十選手が今季限りでの現役引退を表明。

8810

今季はマレーシア2部でプレーしていた言わずもがなの元大宮MF:橋本早十選手。本日、自身のSNSで現役引退を発表しました…。以下、本人のインスタグラムを転載。

 

今シーズンを持ちまして現役を引退することを決めました!強化指定選手時代を含め大宮アルディージャで11年、タイのチョンブリFCで1年、マレーシアのDRB HICOM FCで1年、やりきりました!最高の現役生活でした!プロサッカー選手としてチャンスをいただき11年お世話になったアルディージャ、夢だった海外挑戦の道を開いてくれたチョンブリ、もう一つの夢でもあった家族で海外生活を可能にしてくれたハイコム、本当に幸せでした!現役生活で本当にいろいろの事を経験させてもらえたこと、そして何より出会い。現役生活をここまで続けてこれたのは間違いなくたくさんの出会いの中でたくさんの方々に支えてもらえたからです。本当に幸せでした。本当にありがとうございました!そしていつも応援してくれたファン、サポーターの方々には本当に感謝しています!皆さんの応援がいつも背中を押してくれました。本当にありがとうございます!そしてここまで育ててくれたお母さんと天国のお父さん、本当にありがとう!そして何よりいつも1番近くで支えてくれた家族。どんな時もそばでサポートしてくれた妻、いつも笑顔でそばにいてくれた娘たち。本当にありがとう!今後は大好きなサッカーに携わりながらまた次の夢に向かって頑張っていきたいと思います!本当にありがとうございました!!!#OmiyaArdija#ChonburiFC#DrbHicomFC#Retirement#ThankYouForEverything

HAYATO HASHIMOTOさん(@8810hayato50)が投稿した写真 –

2004年に新卒で大宮加入後、2013年までプレー。大宮を契約満了になってからはタイに移籍し、昨季オフにはJ3:長野の練習に参加するなど日本復帰も目指していましたが叶わず、今季はマレーシアでプレーしていた早十。今オフで13年にわたる現役生活を終えることにしたようです。

34歳という年齢、この時期なら日本での指導者への転身もしやすそうですし、家族のことを考えると良い区切りなのかな…。(つД`)

13年間、お疲れ様でした!!

8810