松本MF:岩上祐三選手、移籍金を払っての獲得濃厚?

iwakami

カルリーニョスの徳島移籍でボランチの獲得が急務な大宮アルディージャ。その後釜として松本山雅MF:岩上祐三選手の獲得に動いていることが判明しました。以下、抜粋して引用。

内容

大宮が来季J2に降格する松本のMF岩上祐三(26)を獲得することが21日にまでに分かった。大宮は今季主力ボランチだったMFカルリーニョス(32)が徳島へ完全移籍。今季J1で33試合に出場した岩上に白羽の矢が立った。(中略)複数の関係者によると、松本との契約を残しているが大宮が移籍金を支払う方向で獲得に障害はない。

– スポーツ報知 –

岩上選手は26歳で170cm右利き。今季は主に2列目右でのプレーが多かったですが、ずば抜けた走力を活かしてSBやボランチでのプレーも可能、FKやCKも蹴れるとにかく起用な選手というイメージ。

そしてなんといっても特徴はロングスロー

相手陣内でのスローインがCKに変わるわけですから、これは大きな武器。

ただ良いところばかりではなく、セットプレーでのキックは非常に正確なのですが、逆に動いている状態のパス精度はあまり高く無いようで、Football Labでも低い評価を付けられています。ポゼッション重視の渋谷サッカーにどこまで溶け込めるのか少し不安が残ります。

とりあえずボランチ獲得に動いていることが分かってホッとしました。とはいえ、ガセも多いスポーツ紙情報。ひとまず埼玉新聞情報を待ちましょう。

iwakami
         

1 個のコメント