元大宮ノヴァコヴィッチ選手、このまま来日せず母国クラブに移籍の可能性も。

novakovic-600

現在J1名古屋グランパスに所属している、元大宮FW:ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ選手。名古屋との契約満了報道を受けて、母国スロベニアのクラブが獲得に動いている模様。

以下、スロベニアニュースサイトの記事を抜粋翻訳して引用。

ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチは今シーズン、名古屋グランパスの試合に出ることはありません。チームの責任者から契約を延長しないことが発表されたためです、そのため彼は今季このまま日本へ戻らない可能性があります。日本のリーグ戦はシーズンの終わりが近づいており、残り試合は多くありません。

このニュースは私たちのノヴァコヴィッチが名古屋ではなくヨーロッパでキャリアを継続する可能性が出てきたことを意味します。そしてある問題を提起します:36歳の彼はスロベニアに戻ってくるだろうか?
彼は16年前にオリンピア・リュブリャナに別れを告げ、彼はドイツ1部:ケルンで得点王となるなど多くの場所でプレーした。

ある報道筋によると彼の出身クラブ・オリンピアは、経験豊かなスロベニア代表得点王の獲得に真剣に検討しているとの情報がある。上記の通り、獲得への障害(補足:名古屋との契約)は取り除かれており、ノヴァコヴィッチは自身のキャリアの終わりに、縁のある緑と白ジャージ(補足:オリンピアのユニフォームの色)でプレーするという考えを持つことは不思議ではないであろう。

– ekipa24 –

ノヴァ選手はオリンピア・リュブリャナの下部組織出身で現在36歳、自分を育ててくれたクラブに恩返しして、そのまま引退ってコースなのかな。

来年J1で戦いたかったけど、どうやら厳しそうですね。

novakovic-600