ここ2戦で3失点、明らかに狙われているDF:渡部大輔の守備。

danger

C大阪戦に敗北し2連敗となった大宮アルディージャ。失点パターンから嫌な点が見えたのでまとめてみました。

内容

まずは水戸戦の失点シーンの直前の1コマ。

スクリーンショット 2015-09-21 23.31.35

中盤でパスを受けた馬場選手が鈴木武蔵選手へとパスした瞬間。大輔はなぜか自分のマークすべき田中雄大選手のマークを外して鈴木武選手に寄ってしまう。どフリーで受けた田中選手が中央へ送って失点というシーン。自分の後ろに田中選手がいることを完全に忘れてたんじゃないかと思うぐらい不用意な寄せですよ。(追記)菊地のカバーに行ったとの情報あり。これは仕方なかった…のかも。

 

続いてC大阪戦。2アシストした左SB:丸橋選手のコメント。

1点目はフリーでもらえて、中を見たらエジがうまくマークを外していた。そこへ入れるだけだった。

これが失点前のシーン。思いっきり丸橋選手がどフリーですねぇ。

スクリーンショット 2015-09-22 0.37.50

そもそもJ2ナンバーワンクロス精度を持つ丸橋選手をフリーにしていること事態も大問題なのですが、もっと問題なのは大輔の守備! この後、せっかく丸橋選手が少し中を見ることで時間が空いたのに、大輔がやったことはなんとなく近くによって足を上げただけ。猛ダッシュして寄せればもしかしたらクロス精度も少しは狂ったかもしれないのに…いくらなんでも軽すぎる!

 

2点目はもっと露骨に嫌な感じ。

スクリーンショット 2015-09-21 23.08.39

丸橋選手がワンツーで抜けだす直前のシーン。この後、右方向に横谷と丸橋選手が並走するのですが、2人より後ろにいる大輔は、ワンツーのあと2人を追わずにタラタラと走るだけ。大輔が追ってこないと分かっていて仕掛けたとしか思えないシーンです。もちろん大輔の周辺に相手選手はおらず、一体何をしたかったのか本当に意味不明。ワンツーを見た瞬間に丸橋選手の進行方向にダッシュすれば横谷と囲んでクロスを防げたかもしれないのに…。

 

チームコンセプト上、大輔は攻撃時に高い位置を取るため上下運動が半端ではなく、90分持たせるために守備をある程度緩めるのは分かります。しかし、結果論かもしれませんが、水戸・C大阪の3失点は全て右サイドから。しかも大輔の後ろのスペースを狙われた失点ではなく、単純に彼の緩い守備を見越して狙われている気がしてなりません。守備だけなら和田を右にして大屋を左入れる選択肢もあるはず。なんとか右サイドの守備を改善して欲しい…。

danger
         

3 件のコメント

  • 記事のタイトルでは「明らかに狙われている」と断言する癖に、その根拠が「彼の緩い守備を見越して狙われている気がしてなりません」って、お前の印象のみとか相変わらずのウンコブログありがとう。

    • 自分の意見を書いただけなのにウンコとは厳しい!
      でもいつも読んでいただいてありがとうございます。(^^)