第15節:名古屋 ダニルソン離脱、増川出場停止

vs2nagoya

夏本番の4連戦の2戦目、第15節:ホームでの名古屋グランパス戦。

闘莉王、ケネディ、矢野など平均身長180cm越えの巨人軍団:名古屋相手にどのようなサッカーを魅せるのか?

 

順位 チーム 勝点 得点 失点
13 名古屋 15 4 3 7 17 21

 

直近の公式試合の得点と失点

第14節 7/6(土) 19:00~ 清水エスパルス(HOME:豊田スタジアム)
得失 内容 動画
9 1 得点 玉田からのパスを受けた、ケネディが背後のスペースへパス。
これを受けた小川が冷静に左隅へ決めて先制。
13 1 失点 左CKを取られて、楢崎が相手と味方と被ってボールを処理し損なうと、フリーの村松が頭で合わせて、すぐさま同点へと追いつかれる。
89 2 得点 阿部の浮き球のパスをケネディが受けシュート。GKにブロックされて反応した闘莉王は押し込めないが、そのこぼれ球を小川が決めて決勝点。

 

前半に小川のゴールで先制するも、すぐに追いつかれて膠着状態に。
後半は終始押し気味に試合を進めて、最後に突き放して8試合ぶりの勝利。
しぶとく勝ち切る名古屋が中断期間で復調してしまった。(;´Д`)

 

練習試合結果

中断期間は練習試合を4試合(J2:1、大学:3)行いすべて勝利。

 

●中断期間中の名古屋の練習試合結果一覧●

日付 チーム名 現在の順位 結果
6月16日 FC岐阜 J2:22位 ○ 2-0
6月20日 岐阜経済大 東海1部:8位 ○ 7-0
6月26日 常葉大 東海1部:4位 ○ 8-3
6月29日 阪南大 関西1部:2位 ○ 6-1
△ 1-1

 

そして7/7(日)にサブ組中心で中京大学との練習試合を行っています。

 

相手 中京大学(東海1部:1位)
場所 トヨタスポーツセンター第1グラウンド
日時 7/7(日) 12:00~ 45分 × 2
スコア 名古屋:1 – 2:中京大学
(前半 0 – 0 / 後半 1 – 2)
後半23分:中京大
後半41分:中京大
後半43分:石櫃
出場
選手
前半:高木・石櫃・牟田・ダニエル・本多・ダニルソン・磯村・矢野・ヤキモフスキー・田鍋・田中(輝)
後半:高木・ダニルソン・本多・田中(輝)・田鍋・ダニエル→西村・ニッキ・望月・高原・チアゴ
後半28分:ヤキモフスキー・矢野→田鍋・本多

 

大学相手に負けた上に、この試合でダニルソン選手は足の甲を負傷しています。

 

予想フォーメーション

 
名古屋グランパス
4-4-2 suspend-icon 増川
191c68b6 Medical-icon
QuestionMark-icon ダニルソン
YellowCard-icon x3 矢野、ダニエル
ダニルソンが出場停止から復帰するも怪我をして遠征には帯同せず。ボランチは前節同様に中村が入る模様。CB:増川は前節のYellowCard-iconで累積4枚となり出場停止、増川の代役はダニエルが濃厚。

 

大宮アルディージャ
4-4-2 suspend-icon
c913be9e Medical-icon
QuestionMark-icon ズラタン、匠
YellowCard-icon x3 金澤
ズラタンは間に合いそうもなく今節も2TOPはノヴァと長谷川。また匠が前日練習に出ていない、理由は疲労とのことで強行出場もあるとのこと。欠場なら代役は村上となる。
匠に無理はさせたくないが…監督はどう判断するのでしょうか。

 

その他の情報

名古屋は守備は楢崎と闘莉王を軸にソコソコ安定。(失点21 / J1:8位)
ただ攻撃が完全にケネディ頼みなので、彼が不調だと点が取れない!(得点17 / J1:13位)あの超守備型チームの新潟以下の得点数とは驚き!

 

しかしケネディが1か月の休みで復調したので、攻守揃って強い名古屋が戻った模様。事実、前節は同点で90分近くまで行きましたが終始ボールを試合していたのは名古屋でした。川崎もそうですが、ホント中断前に戦いたかったですねぇ・・・。

 

余話ですがベルデニック監督は 2002年~2003年1st まで名古屋を率いています。その頃から所属していて今も現役の選手は、楢崎と中村直選手ぐらいですかねぇ?2003年に解任された恨み?を今度こそ晴らしてください・・・。

 

今夜も大宮共闘~

vs2nagoya