左SB:和田拓也と大屋翼の違いをデータで比較してみた。

hikaku

開幕から第23節岡山戦まで左SBとしてフル出場を続けた和田拓也。そして正左SBとして昨オフに獲得し、雌伏の時を経てついに出場を果たした大屋翼。タイプの異なる2人の左SBをデータで比較してみました。以下、football lab より引用。

内容

名前 攻撃 パス ドリブル クロス シュート 守備
和田拓也 2.02 1.5 0.22 0.3 0.06 5.05
大屋翼 1.29 1.29 0 0 -0.07 6.9

 

まだ大屋がフル出場を果たしたのはたった3試合ですが、なんとなく

高い位置をとって攻撃参加する和田と低い位置でボールを供給する大屋

っぽい数値の差がでましたね。

 

大屋は初スタメンを果たした福岡戦の後に

やっぱり和田の方がいいなって言われないように、自分らしいプレーを出すことを心掛けてプレーしました。今年初めての90分フル出場だったので、めちゃくちゃ疲れました。

– 大宮アルディージャ –

と語り、横浜戦の後にも「守備では和田にかなわない」と言っており、自分の弱点である守備力を補うために意図的に低い位置からプレーしていることを示唆してます。しかし岐阜戦5点目のサイドチェンジのように彼は和田には無い武器:ロングパスがあるので、彼は低い位置からゲームをコントロールするタイプのSBなのでしょう。

 

2人の違いはまとめるとこんなところでしょうか。

 

和田 長所:泉澤&家長とのコンビネーション、走力&スタミナ。

   短所:ハイボール対応

大屋 長所:高さ、ビルドアップ、ロングパス

   短所:走力&スタミナ、(プレス対応)

 

今後、和田が左SBに戻るのか、はたまたそのまま大屋がスタメンになるのか。どちらが起用されるかで渋谷監督が左SBに求めているプレーが分かりそうですね。

hikaku