札幌戦劣勢の前半に選手たちがピッチ上で話し合っていた内容まとめ。

hanashiai
hanashiai

劇的な逆転勝利を飾った札幌戦。劣勢となった試合中前半に選手たちがピッチ上で話していたことをまとめてみました。以下、公式 より抜粋して引用。

内容

 

まずは前半の劣勢について横谷が「思ったより前から来た」(OmiyaVision)と横谷が語ったうえで守備陣DH:横山知伸

「鶏が先か、卵が先かみたいな話だけど、最初はFWが前からプレスを掛けにいこうとしていたのに、DFは前でプレスが掛からないから下がるという感じで、バランスが取れていなかった。」

– 大宮アルディージャ –

 

開始直後こそ大宮ペースでしたが、札幌が落ち着きを取り戻してハイプレスを開始。守備陣は位置を下げているのに、攻撃陣は高いポジションを下げなかったため、前でボールを失うと中盤がスッカスカ。結果、札幌の波状攻撃を受けることになり、14分に失点、更に菊地の負傷交代での混乱もあり23分にも追加点を許してしまいます。

 

そこで選手たちが話し合ったこと横山が 「横谷にCBに行ってもらった」(OmiyaVision)と明かしました。前節から左SHに入っている、FW:清水慎太郎には

「サイドの守備が難しかったけど、途中から前に行って良いと言われてハッキリした」

– 大宮アルディージャ –

選手たちで「後ろは下がらない」ことを確認、そして本来FWの慎太郎に無理に守備を求めず、彼を前に行かせて横谷がCB(おそらく札幌DF:福森選手)にプレスする方向に変更、するとこれがハマり試合中に守備を改善することができました。

 

0-2からの逆転劇、今季昇格果たした場合に語り継がれる大きなポイントとなりそうな試合でしたね~。次節は中3日で岡山戦、菊地は負傷し金澤は出場停止。大屋ボランチか、はたまた片岡CBか、上手く控え選手を活用して乗り切りたいものです。

hanashiai