栃木のロングボール対応に自信を見せる河本裕之のコメント。

koumo

週末の相手である栃木が行うであろうロングボール対応についてDF:河本裕之が自信を見せるコメントをしていましたので、抜粋して引用。

内容

栃木戦では阪野豊史へのロングボールが警戒ポイントの一つになるだけに、「はじくほうもある程度の狙いを持ってはじけているし、拾ってくれるほうも『このあたりかな』という感じで先に反応してくれている」(河本)という守備対応で先手を取りたい。

【全文を読む方は→ Blogola 】

栃木は中盤をコンパクトにしてボールを奪い、まず阪野選手へ放り込む。彼がボールキープしている間に味方が上がってゴールを奪うのが基本パターン。先々週に対戦した福岡と似ていますが、中盤の選手たちの運動量が求められる点が大きく違います。

 

たとえ菊地、河本が跳ね返しても、拾われると一気にピンチになってしまう栃木のロングボール戦術。今まで以上に加藤、大輔、和田、カルリーニョスあたりが早い反応を行ってピンチの目を摘みとりたいところですね。

koumo