清水慎太郎が語る家長昭博&横谷繁とムルジャ&慎太郎の違い。

icon-lg-tactics

昨日発売された「J2熱狂読本」、そのなかの清水慎太郎へのロングインタビューでムルジャとのプレーと家長&横谷との違いについて彼が触れていました。

以下、J2熱狂読本より抜粋して引用。

内容

「ムルジャとはメッチャやりやすいです。僕が前を向いたら動き出してくれるので、パスを出しやすい。ワンツーとかのコンビネーションも使いたいですけど、そこでボールを失ってムルジャがリズムを崩したりするなら、無理することもないかなと」

– J2熱狂読本:紙面 –

ムルジャとの相性は本人も認めるほどの良さ。大分戦2点目(慎太郎→ムルジャ)福岡戦1点目(ムルジャ→慎太郎)と結果も出ています。気になるのがコンビネーションの部分。ムルジャに細かなパス交換は向いてないと慎太郎も感じているのかな?

 

そして家長と横谷については…

「前線でのコンビネーションや攻撃の変化という意味では、アキさんやシゲルくんも中央へ入ってプレーできる。僕が入れ替わってサイドへ流れるのもいい。」

– J2熱狂読本:紙面 –

逆にコンビネーションでの崩しは家長&横谷が得意と見ている様子。彼ら2人が居る時は慎太郎はFWというよりは、SHでプレーすることを考えているみたいですね。

 

大宮相手に守備重視で挑むチームが多いJ2。前半は播戸&家長&横谷でコンビネーションで崩し、スペースが空く後半に慎太郎&ムルジャで一気に得点を狙うというのが大宮の勝ちパターンになっていくのかな~。

 

その他、慎太郎の岡山での生活やプレー、他チームの情報などJ2情報満載な「J2熱狂読本」買って熟読されることをオススメいたします。

icon-lg-tactics