素早い攻守の切り替え部分について語る横谷繁と横山知伸。

kirikae

福岡戦に勝利した大宮アルディージャ。渋谷洋樹監督が話した「前半、一番良かった切り替えの部分」についてMF:横谷繁と横山知伸が語ってくれました。

以下、エル・ゴラッソ紙面より抜粋して引用。

内容

 

まずはボランチを務めるMF:横山知伸。

横山は「ボールを回しているときに良い距離感でできていたので、取られてもすぐ行ける。練習でコミュニケーションを取りながらやっているのでうまくいっている」

– エル・ゴラッソ:紙面 –

取られてもすぐ行けるポジショニングを取る…渡す味方も意識を共有していないとミスになってしまいます。CBでも組み立てに参加していた経験が生きてますね~。

 

そして2列目の右SHの横谷繁。

「ボールを取られた瞬間はキツイけど、僕なり、仁なり、アキなりがしっかり走って戻る動きをしないといけない。それがあるからこそ守備陣も助かっていると思うし、それがチームプレー。そういう信頼感があってこそ、攻撃もできている」(横谷)

– エル・ゴラッソ:紙面 –

いやはや本当に変わりましたね~横谷。シーズン序盤は彼の守備はほとんど効いていなかったのですが、大剛がベンチに居るためか前半から全力でプレーするようになり、素早い寄せやスライディングでボールを奪える回数が飛躍的に多くなりました。

 

攻守の切り替えが浸透して守備は完成形に近づきつつあり、失点数はJ2:1位の9にまで減少に成功。後足りないのは最後の決定力だけとなりました。播戸(2G)、慎太郎(1G)もソコソコの結果を出してはいますが、ハッキリ言って先発としては物足りない数字。最後のパーツはやっぱりFWとなるのかな~。

kirikae