やっぱり前からプレスをかけられると何も出来ないことを選手が証言。

kousan

辛くも勝利した前節・愛媛戦。試合後の選手コメントから、相変わらずプレスに対して無力であることが判明しました…。以下、公式より抜粋して引用。

内容

金澤は「相手が前半とは違って一度自陣に戻るのではなく、前がかりのまま守備をして来て、自分たちは立ち位置を変えることができないままプレッシャーを受けた」と状況を分析。和田も「どこかで押し上げるとか、敵陣でパスを回す時間を作らないといけない。相手が前からプレスに来たときに、こうなってしまう。キツイと思いながら耐えていたけど、あのまま45分は厳しい」

– 大宮アルディージャ –

う〜ん、後半の押し込まれっぷりは戦術的なものではなく、やはり単純にプレスをかけられて何にもできなかっただけということがハッキリしてしまいました…。

 

プレスされると何も出来ないことは今に始まったことではなく、昨季から既に分かっていたこと。今季も11戦目、 もはや渋谷監督体制と今の選手層ではプレスを回避する方法を見つけることは不可能といっていいのでしょう。

 

J2でプレスをしてこないチームは皆無。かいくぐる手段を持ち合わせていない大宮が今後も勝ち続けることは非常に困難。やはり何が何でも1人でボールキープできる怪物FWを何が何でも獲得しなければいけないことがハッキリしましたね。

 

資金が無いのであれば決定力が有るものの、怪我が多く、高さがなく、ボールキープが殆ど出来ないムルジャは放出してボールを収めるFWを獲得するしかないでしょう。果たして7月のウインドーまで大宮は昇格戦線に残れるのでしょうか…。

kousan
         

4 件のコメント

  • 確かにボールキープと言う部分ではムルジャは向いていませんね。

    しかし、ムルジャを売って博打を打つと言うのは少しリスクが高過ぎますね……

    そもそも外人連れて来ると言った強化部長はどんな顔をしてるのか……

    • もちろんムルジャは必要な戦力ですとも!
      でも外国籍2つを空けているということ=「補強費が無い」可能性もゼロじゃないんですよね。
      その場合、今のチーム事情を考えると、彼を放出してFWを獲得する可能性もあるのかと。

  • “怪物FW”いいですね〜♪

    たしかに身長があれだけ高いくせに全くハイボールが強く無いムルジャ。。。

    全盛期のバレーやワシントンみたいな一人でボールキープできてゴールを決められる“重戦車FW”が必要です!(例年、得失点差が大きいチームがJ1昇格すると見ていますので、現状の得点力不足は致命的です)来たれ!全盛期のバレー!