「まずは裏」札幌戦における攻撃のテーマを渋谷洋樹監督がコメント。

soccer

ムルジャ、家長昭博不在で苦しむ大宮攻撃陣。打開を図るべく次節「最終ラインの裏」を狙うこと渋谷洋樹監督が明かしました。以下、Blogola より抜粋して引用。

内容

渋谷洋樹監督は「いまのわれわれの問題点として、(最終ラインの裏に)蹴るということを悪と思っている部分があるのかなと。失うことが悪になってしまうと、相手にとってイヤなことができなくなる」と指摘。1週間のトレーニングをとおして「まずは裏」という意識を再確認した。

【全文を読む方は→ Blogola 】

家長&ムルジャが居ないため(横谷もがんばってはいますが…)ボールの収まりどころが無い前線。2人が不在では「多攻」は事実上達成不可能な状況。現実を見て、今いるメンバーを最大に活かす「堅守速攻」に切り換えたってところでしょうかね~。

 

札幌戦も先発が濃厚な富山と慎太郎コンビ。ボールを収める技術が無いため苦しんでいますが、次節は2人の強みを多く見ることができるかも!! ガンバレ!

 

 

soccer