合宿を終えて渋谷洋樹監督と埼玉新聞がチームの仕上がりをコメント。

comment

1月から始まったグアム&宮崎と2つのキャンプもついに終了。昨日の練習試合:岡山戦などを踏まえて、埼玉新聞に現在のチームの仕上がり状況が掲載されました。

以下、埼玉新聞より抜粋して引用。

内容

 

まずは守備について…。

「攻撃のあとの意識を言い続けている」と渋谷監督。攻撃から守備に素早く切り替え、高い位置で積極的にボールを追った。組織が大崩れすることは、ほとんどなかった。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

と満足いく仕上がりな模様~。プレシーズンマッチで新潟に勝利した岡山を相手に、選手を入れ替えるまで無失点。かなり期待していいかも。

 

一方攻撃は…。

攻撃はビルドアップが整理され、ポゼッションの意識は高い。ただ、目指す”多攻”に関しては物足りないところ。得点はできているものの、最多得点者がユース選手では心もとない。つなぐだけでなく、カウンターの場面も増やしたい。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

とかなり不安視。攻撃の柱であるムルジャは町田戦を1試合こなしただけで、昨日の試合は欠場。連戦の続くJ2、慎太郎・富山・播戸が相当奮起しないとムルジャ不在の場合、得点が奪えない厳しい戦いが待っていそうな予感が漂っています…。

 

そして気になる開幕スタメンについて

ポジション争いも「意識高く『出るんだ』と思って気持ちを持ってやってくれている」と指揮官。活気がある分も、どんな顔触れになるのか楽しみだ。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

新旧選手の組み合わせは概ね順調な様子。ムルジャ、家長、今井以外はおそらくまだ横一線の状況。週末の栃木戦のスタメンが非常に楽しみですなぁ~。

comment