渋谷洋樹監督と河本裕之が語る町田戦で見えた攻撃面の課題。

omiya-shibafu

昨日行われた町田ゼルビア戦。試合後に渋谷洋樹監督と河本が埼玉新聞に攻撃面の課題をコメントしましたので以下、抜粋して引用。

内容

チームは発展途上で、攻撃面でそれが見えた。「数的優位をつくって、どう攻撃するか」(渋谷監督)がテーマだったが、押し込まれるとビルドアップに苦戦。ポゼッションの意識が強くなり、河本は「細かくやりすぎていた」と反省する。渋谷監督は「攻撃を整理して、もっとやっていきたい」と課題を挙げた。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

今回も無失点で終えた守備は問題なさそう。逆に攻撃は問題が多そうで、昨季体を張って前でボール出来たズラタン選手の穴を未だに埋め切れていない模様。

 

そして怪我人1人追加情報。

2試合連続無失点の守備は、菊地、片岡、藤井と故障者を抱える中では、まずまずといったところ。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

片岡も追加…。

omiya-shibafu
         

2 件のコメント

  • お久しぶりです。昨年を考えますと、守備がまずまずで安心してます。 片岡の怪我は想定外ですが今は無理しないで欲しいですね。新外国人獲得の話が全く聞こえてこないのが残念ですが、今は守備をしっかり構築して欲しいですね。442すかね?ラインをしっかりコントロールして裏を簡単にとられないようにすることが大事です。

    • お久しぶりです!(・∀・)
      今のところ失点していませんが、どちらも下位カテゴリ。
      岡山との練習試合で真価が問われそうですね。