富山貴光はFW、泉澤仁は攻撃専念、河本裕之は大屋翼とセット起用?

press

2015シーズンが始動した大宮アルディージャ。SOCCER DIGEST Web に富山貴光、泉澤仁、河本裕之ら3人が、それぞれが思い描く今季プレーを語っていました。

以下、SOCCER DIGEST Web よりそれぞれ抜粋して引用。

内容

 

まずは背番号が変わった3年目FW:富山貴光。

「監督が指示した場所でプレーしなければいけませんが、基本的にはFWで勝負したいと言っていますし、そこで考えていると監督にも言われています。(監督との面談で)去年の出来も含めて様々な話をして、期待していると声をかけられました。その期待に応えなきゃいけないと思っていますし、自分でも『やるぞ』と気合が入っています」

– soccerdigestweb –

昨季はズラタン、ラドンチッチ、長谷川、ムルジャの壁に阻まれてFWでの出場は少なかった富山。やはりFWとしてプレーしたいようです。今季は不動のFW:ズラタンが抜けたため大チャンス。果たして開幕スタメンの座を掴むことはできるか?

 

続いて昨季ルーキーで一番輝いた2年目MF:泉澤仁。

泉澤
「今年はより攻撃的にいきたい。(面談で)渋谷さんから『昨季は守備をやらせすぎて申し訳なかった。今年は攻撃に専念して、サイドで引っ張っていってほしい』と言われたので、より結果にこだわっていきたいです」

– soccerdigestweb –

1年目の攻撃選手に守備をも求める無能監督退任後、一気に輝きを放った泉澤。

今季はサイドで相手DFを抜き去る姿が多く見られそうですね。

 

そして3年ぶりに完全移籍で戻ってきたDF:河本裕之。

――大屋選手は「左SBで起用されても、隣に河本さんがいるから安心」と言っていました。

 

河本
「いやいや、カバーしないで放っておきますよ(笑)。ただ、誰が出るかは分かりませんけど、(大屋)翼だったらずっと一緒にやっていますし、お互いに分かり合いながらしっかり守備ができると思っています。J2では守備力がかなり重要になってきますが、キク(菊池光将)だったり(片岡)洋介さんとは前に一緒にやっていたので、問題はないと思う。あとは他の選手ともコミュニケーションを取ってプレーすることが重要ですね」

– soccerdigestweb –

軽く言ってますが結構重要なポイントですなコレ。大屋が左SBに入る場合、CB陣の能力が同じであれば、河本がスタメンに入ることが多くなるかもしれません。

press