渋谷洋樹監督が語るグアムでの狙いと渡邉大剛が語る昨季のグアム。

Guam-Flag-icon

明日29日から10日間のグアムキャンプに向かうアルディージャ。率いる渋谷洋樹監督がキャンプの狙いを埼玉新聞に語りました。以下、抜粋して引用。

内容

渋谷監督は「どういうサッカーをするか。軸を落とし込みたい」と合宿での狙いを語った。(中略)コンスタントにしっかりプレーを続けられるようにする」(渋谷監督)体力も大切。「タフに戦うことを絶対に突き詰めて、やってくれるような状況にしたい」と意気込んだ。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

現地で練習試合の予定は無し。グアムでの主目的は体力づくりメインとなる模様。10日間で新加入選手たちの特長を見極めて、帰国後の宮崎キャンプで核となる選手を起用して戦術を落としこんでいくのでしょうね。果たして生き残るのは誰だ?

 

そして大剛が昨季のグアムキャンプについて…

昨季は開幕前の準備期間にチームの方向性が見えなかった。「この時期が大事。チームとしてやり方をはっきりさせ、去年の反省を生かしたい」と過去を踏まえての熟成を誓う。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

スタートからダメだったのね…。今季はそんなことはないことを願います。

Guam-Flag-icon