増田誓志は韓国1部:蔚山復帰、チョ・ウォニは自由に移籍先を探す。

masuda

先日、大宮アルディージャから契約満了となった増田誓志とチョ・ウォニ。その2人の今後の動向が韓国のニュースに掲載されましたので、以下、翻訳して引用。

内容

 

まずはMF:増田誓志。

去る3月蔚山現代から大宮に1年間のレンタル移籍した増田は再び蔚山に復帰する。増田は大宮で19試合に出場し、1得点2アシストを記録した。彼は昨シーズンの段階で蔚山との契約を2年延長しており、まだ1年の契約が残っていた。増田は日本選手の特徴をよく知る尹晶煥監督の指導を受け、中盤でのパスやさまざまな役割を消化するための独自の能力を再発揮するものと予想される。

– sportalkorea –

 彼の保有権は韓国1部:蔚山現代が持ち、今季は前監督の意向もあり大宮にレンタルに出されていました。しかし蔚山は低迷し監督は更迭され、後釜になんと鳥栖を率いていた尹晶煥監督の就任が決定。尹監督の意向もあり蔚山復帰が決まった模様。

ACL圏3位を目指して来年もガンバレ増田!!

 

そしてMF:チョ・ウォニ。

チョ·ウォニは、2012年12月に武漢に加入時2年契約を結んだ。残りの1年契約はレンタルとして慶南でプレーしていたが、大宮に完全移籍する際、武漢との契約は満了になっていた。大宮との契約は満了となり、移籍金は無くなったので、今後は幅広く移籍先を探す見通しである。

– sportalkorea –

今季は中国2部:武漢卓爾から韓国1部:慶南にレンタルされていたが、武漢との契約は解除して大宮に完全移籍したウォニ。もちろん彼の保有権は大宮が持っていたのですが、満了(ウォニが解除?)となり移籍金が掛からない状態で移籍先を探している模様。まだ31歳で代表経験を持つウォニ、いくらでもオファーはあるのでしょう。

 

グノの情報は残念ながら発見できず。どうするのかなー。

masuda