家長昭博の交渉は大詰め、なんと移籍金発生で残留の芽有り?

ienaga

昨日発売のサッカーダイジェストにMF:家長昭博の移籍についての記事が掲載。意外にも残留の可能性が有るとのこと…。以下、サッカーダイジェストより引用。

内容

その一方で、家長と来季の契約を残す大宮も、1年でのJ1復帰に向けて、不動のエースの慰留に躍起になっている。複数の代理人筋によれば現在、各クラブとの交渉は大詰めを迎えており、いち早く獲得に動いた神戸への移籍が有力視されているという。しかし、移籍金や条件面次第では、大宮残留という可能性も有る。

– サッカーダイジェスト –

おおっと? どうやらこの文面を読む限り、彼とは複数年契約をしており、更に「降格に伴う選手側の契約解除」は無さそう=獲得するためには移籍金が発生する模様!

 

普通に考えて彼の移籍金はかなりの額のハズ。果たして神戸とG大阪がそれだけの額を払うかと考えれば…かなり微妙です(どちらも2列目は余ってるし)もはや移籍確定かと思っていましたが、ココに来て残留の可能性が出てきたぞ~っ!?

 

 

たとえ移籍しても移籍金は残してくれそう。本当にありがとうね家長…。

ienaga
         

2 件のコメント

  • アキが残ってくれたら涙出ると思いやす。そしたら来年ユニはアキの番号っす。