JPFAトライアウトに契約満了になった江角浩司と宮崎泰右が参加。

tryout

本日、JPFA(日本プロサッカー選手会)主催によるトライアウトが開催。今季で大宮を契約満了となったGK:江角浩司とMF:宮崎泰右が参加しました。

日本プロサッカー選手会(JPFA)主催の合同トライアウト第2回が16日に行われる。先日行われた第1回はJ1リーグ戦が開催中のため参加選手はJ2、J3の選手が中心だったが、今回はJ1の選手が中心となることが見込まれる。

– sportsnavi –

江角は1本目に相手チームのGKとして出場。シュートを1本横っ飛びで止めるなど、存在感を示し無失点で守りきりました。宮崎はなんと4本全てに出場。持ち前のスピードで何度もチャンスを演出したようです。

 

年齢的にもプレー的にも宮崎は確実にどこかからオファーがありそう。江角は年齢と体調面がネックになるでしょう。とはいえJ1経験はトライアウトGK受験者のなかでは随一。昇格を目指すJ2下位あたりから声がかかるのではないでしょうか。

 

今季満了となった:北野貴之、村上和弘、橋本晃司、増田誓志、イ・グノ、チョ・ウォニ。そしてレンタル先の川崎から契約満了となった金久保順ら計7人はトライアウト不参加。参加しないということはオファーがあるか、引退するかの2択。

 

彼らが一刻も早く行き先が決まることを祈る…。

tryout