衝撃!渋谷体制でも監督を下に見る空気は消えていなかった!

sagesumu

本日発売のサッカーダイジェストに降格についての記事が掲載。そのなかで大熊体制末期と選手側の内情が書かれていましたので以下、抜粋して引用。

内容

周囲に「振り回された」印象の強い選手たちだが、降格の原因は彼らのなかにも眠っている。しかも試合でのパフォーマンス以外で、だ。勝利から遠ざかり、大熊監督の手腕に疑問符がつくと、試合中の指示も満足に聞かず、練習では内容に文句を吐くばかり。ある選手は「はっきり言って気分が悪かった。まとまりなどなかった」と心情を吐露。(中略:徳島戦後のバス囲みの件)こうした状況は渋谷監督に交代してからも大きな変化はなかったという。

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト:紙面 】

うえ~渋谷体制でも変わってないのか…。

こりゃ安易な続投は危険だぞ…、もっと鬼のような指揮官が必要なのでは?

sagesumu