降格した場合、家長昭博の神戸移籍は確実?G大阪は獲得撤退濃厚。

make-kobe

昨日発売のサッカーダイジェストの特集は「冬の移籍最前線」。その目玉選手にMF:家長昭博が掲載、どうやらG大阪は獲得を撤退して神戸入りが有力とのこと。

以下、紙面より抜粋して引用。

内容

2年契約と噂されているものの、チームが降格した場合、J1の他クラブへ移籍する可能性は非常に高い。ある代理人はこう明かしている。「彼にはいずれ家族と関西で暮らしたいという想いがあるそうだ。マジョルカ時代に一度、G大阪にレンタルで復帰したのも、スペインで出番が得られなかったことに加えて、そういう背景があったらしい」。

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト 】

やはり家長の家族は関西で暮らしているのね…これは厳しい情報…。

 

そして古巣であるガンバ大阪はどうやら獲得撤退の模様。以下抜粋して引用。

内容

G大阪は同じ攻撃的MFで韓国代表にも選ばれているキム・ミヌの獲得を目指している。

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト 】

<

G大阪サポでさえ懐疑的な報道でしたから…まぁそうだわな。

 

一応残留できれば可能性はあるみたいな報道だけど、どうもそれとは関係なく彼は移籍しちゃいそうな雰囲気ですねぇ…。今の大宮は彼抜きには成り立たないほど依存している状態。来季に向けて彼抜きのチーム作りに着手しなければいけないようです。

make-kobe