第28節:F東京○高橋祥平の決勝弾でホームF東京戦14年ぶりの勝利!

天皇杯・準々決勝に破れ、今季はJ1残留に全てを賭けるアルディージャ。本日のお相手は大宮公園時代2004年からのJ1在籍中、全ての公式戦で引き分けたことすら無いFC東京。果たしてこの悪しき記録をストップすることは出来るのか。

観戦記

試合前

珍しくTVの取材が来ていた。どうせ残留ネタでしょうね〜。orz

th_IMG_0091

 

入場ゲートに横断幕が掲示。我々の声で選手を後押しして勝たねばならぬ。

th_IMG_0092

 

PK対決など行って…。

 th_IMG_0101

 

本日の「Players Voice」はズラタン。写真なし。

ウォーミングアップ

まずは東京のGKが練習に登場。当然スタメンは権田選手。

 th_IMG_0107

 

続いて大宮のGK登場。先発は北野でサブは慶記!

th_IMG_0109

 

東京のフィールドプレイヤー登場。いつも通り静かな東京サポーター。

 th_IMG_0110

 

遅れて大宮のフィールドプレイヤー登場、今日こそ悪しき記録を止めろ!

 th_IMG_0112

 

ズラタンを呼んで「オイ!オイ!オイ〜!」

th_IMG_0114

 

スタメン発表

両軍のアップも終わって、まずは東京のスタメン紹介。

DFにカニーニ選手、MFに三田選手が入った。

th_IMG_0121

 

サブはこんな感じ。東選手の時には若干ブーイング。彼も苦しんでます。

 th_IMG_0122

 

大宮のスタメン発表前に動画が流れる…。一戦必勝ですな。

 スクリーンショット 2014-10-18 22.05.04

 

コチラのスタメンは甲府戦とほぼ同じだがズラタン&ムルジャ2TOP。

懸念の左SBは和田。サブはウォニ、片岡、増田、大剛、富山、長谷川。

なぜか祥平と和田にブーイング。どんだけ東京V嫌いなのよ。

 

選手入場直前のひととき。

青と赤で埋まるビジター席。ユルネバがNACKにこだまする。

th_IMG_0124

 

日本代表がなんだってんだ! 勝ってホームを取り戻す!

前半

試合開始!!

th_IMG_0125

 

ボールを持たれる展開が続くなか、なんと前半15分に金澤が負傷!

慌てて増田が投入される。天皇杯を経験させておいてよかった〜。

th_IMG_0140

 

その後は少しずつ大宮もセカンドボールを拾えるようになり…。

迎えた40分、ムルジャが中央で倒されてファウル獲得。家長がリスタートして左からクロス! これに祥平が頭で合わせて大宮先制!!

th_IMG_0127

 

このプレーにFC東京は猛抗議。でもご覧のとおりオンサイド〜。

IMG_0133

 

ちなみに右端で残っているのは日本代表:太田選手。

血相変えてオフサイドをアピールしてましたけど貴方が原因です。

スクリーンショット 2014-10-18 23.19.43

 

 

オフサイドだと信じる東京サポの大ブーイングの中、0−1でハーフタイムへ。

th_IMG_0132

 

後半

両チーム選手交代なしで後半開始!

th_IMG_0135

 

失点を取り返すべく猛攻に出る東京。セカンドボールをほぼ取られて自陣内に押し込まれ防戦一方の展開。しかし北野を中心に最後だけはやらせない。圧巻なのは家長、 後半15分にシュミレーションを取られて警告を受けたが、その後審判に見せつけるようにボールキープで相手選手を寄せ付けず、時にカウンターの起点となる。

 

時間は刻々と過ぎ…80分にムルジャ→ウォニで守備固め。

th_IMG_0137

 

87分、泉澤→富山。前からのプレスも忘れずケア。

th_IMG_0140

 

そして1−0のままロスタイム4分に突入。

14連敗ストップに向けて無敵大宮開始!!

th_IMG_0142

 

無事逃げ切って試合終了! ついにNACKで東京に勝った〜っ!

th_IMG_0143

 

試合後

これでリーグ戦3連勝!

th_IMG_0150

 

決勝弾の祥平。チームを背負ってたくましくなりました。

th_IMG_0158

 

勝った、ついに勝った。苦しい戦いでした。

th_IMG_0148

 

次は中3日でNACKで横浜戦。家長のイエロー取り消しにならんかな〜。

まだまだ苦しい戦いが続きますが、全部勝てば落ちないのだ全部勝つぞ!

         

4 件のコメント

  • やりました!みんな頑張りました。
    祥平も声ガラガラでした。
    水曜日も一戦必勝!
    (それにしても審判酷すぎ)

    • やりましたね〜! ここで満足せず次も勝ちましょう!
      審判は確実に帳尻合わせでしたね。判定間違ってないのに…。