明日は前半から全力で来る?昨年のリベンジに燃えるG大阪

running-icon-3-md

昨日は非公開練習のため大宮の情報はなし。明日の天皇杯・準々決勝の相手ガンバ大阪の監督と選手のコメントのが掲載されましたので抜粋して引用。

内容

指揮官は「全員で力を合わせて次のラウンドに進みたい」と、総力戦で準決勝進出を狙う。(中略) MF阿部は「去年とはチームの状態も違うし、自信を持って臨める」と胸を張る。12日ナビスコ杯川崎F戦に敗れ、公式戦の連勝は8で止まったが「決勝に進んだので勢いは止まっていない。延長は考えず、試合開始から全力でいく」

【全文を読む方は→ 日刊スポーツ 】

中3日、中2日、中2日と 地獄の過密日程中のG大阪 。次のリーグ第28節:川崎戦も中2日のため、何が何でも90分で終えたいという気持ちが見え見え~。ナビスコ杯:準決勝1・2戦目のように前半でリードして、替えの利かないFW:宇佐美、パトリック選手を後半早々に下げたいのでしょうね。

 

となると試合のポイントは前半の守備。前半はリスクを冒さずカウンターに徹し、相手を疲れさせて後半 or 延長戦でズラタンかムルジャを起用して1発で仕留める。こんな戦い方になるのかな? 渋谷監督の選手起用に要注目ですな!

running-icon-3-md