ノヴァとの契約延長の交渉状況

nova

ドイツでの12/27での報道によると、ノヴァのケルン復帰は厳しい模様。(元サイト
以下、ドイツ語を翻訳。

ケルンはノヴァコビッチの復帰のドアを閉じた。

 

雄ヤギのユニフォームを着た「ノヴァ・ゴール」を見ることはもう無い。
73ゴールを挙げたスロベニアの英雄のケルンでの選手生活は終わった。
と、チームプランナーのイェルク·ジェイコブ(42)はそう語った。

 

ケルンはノヴァの復帰への道を閉じた。ジェイコブは最後の水曜日(復帰の期限?)について、「トルコでキャンプ(1月8日)のことではなく、むしろ、彼の意志を決める期間であり、ここで我々は解決策について話しています。 」

 

ケルンはノヴァを完全移籍させることを期待している。
それは1月の契約期間後の残り18ヶ月のための解決策である。

 

クリオス(記者?):ノヴァ自身が、彼はまだ何も知らないと言います。日本ではシーズンが終わり、彼は12/25にスロベニアに帰国しました。スロベニアの首都リュブリャナでの12月、クリスマスとニューイヤーは家族と一緒に彼は過ごしている。ジェイコブとは1月7日に話し合うことになっている。

 

ノヴァは言った「今、私は何も知りません。私は待ちます。ケルンと私には何が起こるかを見ます」

 

ノヴァは復帰を期待していた。しかし、ジェイコブは復帰のドアを閉める。大宮は明らかに日本でノヴァと契約を維持することに熱心である。それは、かつてのケルンの英雄の静かな出発となるでしょう。

やはりノヴァを放出することが決まっている様子。契約切れで移籍金0で放出するより、少しでも移籍金が入る契約期間中(残り1年半)に他所へ売りたい感じがヒシヒシと伝わってきますね・・・。

 

そして12/31での追加報道~。(元サイト)以下、ドイツ語を翻訳。

ケルンのストライカーは1月7日まで無料。
ノヴァコビッチはケルンの構想外に

 

何がノヴァコビッチ(33)に起こっているのか?レンタル契約が12月末に切れたために、所属は大宮アルディージャからケルンに戻った。

 

しかし、彼の存在はケルンでは構想外である。
「私は1月7日まで無料であったと言われた」とノヴァは現在の状況を言った。

ケルンは間違いなく、点が取れるFWが必要です。アンソニー・ウジャやスタニスラフスキーを活かすことのできるFWが。ケルンは今シーズン19試合を終えてわずか22ゴールと、まだこのカテゴリ(ブンデス2部)の平均値を大きく下回っている。これは去年昇格したグロイター・フュルト(41)、フランクフルト(41)デュッセルドルフ(43)の、ほぼ半分という数字である。

 

しかしスロベニアの英雄が雄ヤギ(ケルン)のプレイヤーではなくなったことは濃厚である。「我々はノヴァコビッチを戦力として考えていない」チームプランナーのイェルク·ジェイコブは明らかにした。これは一貫性があり、7桁の給料問題だけでは無いが、おそらく正しい決断である。

というわけで得点力不足に悩むケルンですが、それでも年俸が高いため?ノヴァを戻すことはしないようです。1月7日までは無料?(契約の空白期間?)ってのもやはり異常なのかな?

 

ノヴァとラファの動向に目が話せませんな!(・∀・)
大宮に来るのはどっちだァ~っ?

nova