MF:カルリーニョスが攻撃だけでなく守備にも成果を上げた理由。

arin

渋谷新体制で2戦連続でスタメン起用中のMF:カルリーニョス・パライーバ。彼が渋谷監督に言われた内容が Blogora に掲載されたので抜粋して引用。

内容

守備面を懸念されることの多いカルリーニョスだが、特に鹿島戦では統制の取れた守備を披露。渋谷洋樹監督からは「攻撃だけでなく、守備もできなければいけないということは日々言われている」とのことで、それが鹿島戦で一定の成果を挙げた格好だ。

【全文を読む方は→ Blogola 】

彼は守備をしないわけではなく、むしろどこまでも相手を追いかけてしまい中盤に穴を空けてしまうことが問題でした。渋谷監督が指揮していたであろう控えの時期に鍛えられていたんですね〜。守備さえこなせれば能力の高さは折り紙つきのカルシーニョス。残留のカギを握るのは彼なのかもしれませんね。

arin