新体制でゾーンディフェンスへ回帰!金澤慎が伝達役を買って出る!

zone

残留に向けて渋谷新体制で練習に取り組むアルディージャ。徐々に新監督の色が見えてきたようで、まずはマンツーマンからゾーンディフェンスへの変換を図っているようです。以下、Blogola より抜粋して引用。

内容

渋谷洋樹新監督の下、すでに3日間のトレーニングを消化した大宮。徐々にではあるが、指揮官の色が見え始めている。まずはゾーンディフェンスの意識付けに取り組んでおり、渋谷監督は「プレッシャーの強さ」、「ノーマルからギアを入れていくスイッチ」、そして「スライド」の3点をポイントに挙げている。

【全文を読む方は→ blogola 】

ゾーンディフェンス…。 古くは三浦俊也体制、昨年のベルデニック体制と大宮アルディージャというクラブに根付く守備戦術。まさに原点回帰ですね。

 

そして、その生き字引である金澤がコメント。

ユース時代にも渋谷監督の指導を受けた金澤慎は、「自分はユースのときからやってきたことだったので、渋谷さんのやっていることが分からないということはなかった」と、そのサッカーを熟知。「大宮は長くそういうやり方でやっていたし、自分なんかは昔やっていたこと。さらにプラスαされることはあるけど、周りの選手に伝えていく立場なのかなと」と自らの役割を認識している。

【全文を読む方は→ blogola 】

その他、昨年のベルデニック最強体制での不動のメンバーは北野・祥平・菊地・今井・大剛・ズラタンと6人も居るのです。今季加入した選手に上手く伝えて早く鉄壁の守備を取り戻してほしいものですな!!

zone
         

2 件のコメント

  • うちの伝統芸!ゾーンディフェンス!昨季ベルデニックのとき首位を快走してたときを思い出して、金澤には渋谷監督が志向するサッカーをみんなに伝達してもらい、愛媛戦から勝ち続けて欲しいですよね!もうこうなりゃ今季は渋谷監督にすがるしかないですp(^^)q